ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

総製作費120億円! ハリウッドが描くスーパー戦隊『パワーレンジャー』来年7月日本公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
総製作費120億円! ハリウッドが描くスーパー戦隊『パワーレンジャー』来年7月日本公開

日本の特撮シリーズ「スーパー戦隊」の英語版ローカライズとして全米で放送されているテレビシリーズのリブート映画『パワーレンジャー』が2017年7月15日(土)に日本公開されることが決定した。

日本の特撮シリーズ「スーパー戦隊」の英語版ローカライズとして全米で放送されているテレビシリーズ「パワーレンジャー」は、1993年から現在までにシリーズ累計800話を突破。世界160ヶ国以上で放送されており、アメリカのTVドラマの中で「シンプソンズ」に次ぐ長寿番組として世界中から愛されている人気作品で、クリスマスプレゼントに「パワーレンジャー」のおもちゃを買い求める大人たちが店に殺到する現象をモチーフにした映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』(96)がアーノルド・シュワルツェネッガー主演で公開されるなど、大きな社会現象を呼んだ、アメリカで最も成功したジャパニーズコンテンツのひとつだ。

主人公はごく普通の高校生5人。あるとき驚異的なパワーを手にした彼らが本当のヒーローになるために自身の力と葛藤し、悩み、助け合い、立ち向かうー。王道にして普遍的な等身大のヒーローの物語を描く本作。

ポスタービジュアルには、「パワーレンジャー」のシンボルである稲妻をイメージさせる星空の下で運命に導かれるように出会った5人がたたずむ姿が描かれている。

『アベンジャーズ』、『スパイダーマン』、『ダークナイト』、『スーパーマン』、『ワンダーウーマン』……今、ハリウッドで空前のヒーロー映画旋風が巻き起こっている。マーベルやDCコミックのアメコミヒーローが全盛を迎える中、”メイド・イン・ジャパン”のヒーローを総製作費120億円の圧倒的スケールで描く日米ハイブリッド超大作が誕生した!

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブに、普通に暮らす5人の若者がいた。ありふれた日々を過ごす彼ら。しかし、運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう”新たな力”を手にする。その力は、なぜ彼らに与えられたのか?いま、物語は再び動き出す――。

『パワーレンジャー』は2017年7月15日(土)日本公開!

(c)2016 Lionsgate TM&(c) Toei & SCG P.R. 

海外版予告映像

■『パワーレンジャー』公式サイト
POWER-RANGERS.jp

関連記事リンク(外部サイト)

井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
BRAHMANのTOSHI
美しすぎる格闘家ロンダ・ラウジーがまさかのTKO負け!格闘家のコメント、ロンダの去就は?
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」
全員ワル!FBIも恐れたバルジャー率いる地獄のギャング集団「ウィンターヒル"ギャング」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載①】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。