ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インディゲームの祭典「BitSummit(ビットサミット)」第5回が2017年5月開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2012年より毎年開催されているインディゲームの祭典「BitSummit(ビットサミット)」。その5回目の開催となる「A 5th Of BitSummit」が、2017年5月20日・21日に開催されることが発表された。合わせて、作品出展者のエントリーの募集も行っている。


A 5th Of BitSummit公式サイト

BitSummitとは、京都で行われるインディゲームの祭典。前回の「BitSummit 4th」では6,435人の来場者、生放送では世界で約45万近くの視聴者数となったとのこと。個性あふれるゲームを世界に向けて発信し、また会場では、クリエイターとの交流を経て自分たちのゲームを面白くすることができるイベントとなっている。

出展者としても、また参加者としても世界のインディゲームを遊べる機会となっているので、参加してはいかがだろうか。

開催概要

 
名称:A 5th Of BitSummit(フィフス オブ ビットサミット)
日程:2017年5月20日(土)・21日(日)
時間:10:00~17:00
会場:京都市勧業館「みやこめっせ」 1階 第2展示場
主催:BitSummit 実行委員会
・一般社団法人日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA)
( Q-Games Ltd. / PYGMY STUDIO CO., LTD. / VITEI BACKROOM Inc. / O-TWO inc. / 17-Bit Digital Development Management, Inc. / Indie MEGABOOTH )
・株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングス
・株式会社インピタス
・京都府
制作:株式会社オリコム

なお、もぐらゲームスでは、昨年行われたBitSummitで出展されていた『シルバー事件』の制作者である須田剛一氏へのインタビューも行っている。こちらも合わせて読んでみてほしい。

「第二話は、子供時代の実話をベースにした話なんです」――『シルバー事件』HD版発売決定記念、作者・須田剛一氏インタビュー

関連記事:

「プレイステーション・アワード2016」受賞作のインディゲーム5選が発表
ビジネスパーソンに遊んでほしいフリーゲーム・インディゲーム9選
他人のスマホを覗いて謎を解く背徳のアドベンチャー『Replica』 Steamにてリリース

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。