ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

おひとり様でも心ほっこり!今宵は“ひとり鍋”を満喫しよう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

鍋料理の恋しい季節。でも、ひとりで鍋の店に入るのは、ちょっと勇気がいる…。そんな人にオススメなのが、渋谷の隣町・神泉にある日本酒居酒屋『OISHI KOMACHI SHINSEN(オイシ コマチ シンセン)』だ。

同店は女性専用のお洒落なカプセルホテル『NADESHIKO HOTEL SHIBUYA』に併設。それだけに、店の客にはおひとり様も多かったという。そこで作ったのが、心がほっこりするような“ひとり鍋”。

ラインナップには定番鍋や洋風鍋だけでなく、湯豆腐やおでん鍋まで、バラエティ豊かに並ぶ。

〆の味がガラリと変わる新感覚な変化鍋・赤編「濃厚ミネストローネ風赤いKOMACHI」(うどんつき)は、オリーブオイルとトマトソース、フレッシュトマト、人参やパプリカをふんだんに使い、仕上げにはチーズとブラックペッパーをきかせた、洋風のミネストローネ風の鍋。飽きがこないように、〆にはカレーパウダーを入れて、カレートマトうどんに。リゾットやパスタではなく、うどんとの相性は食べてのお楽しみとのこと。価格は1200円(税込)。

同じく白編は、「関西風出汁が香る白いKOMACHI」(うどんつき) 。関西風の白だしを使用し、白菜、ごぼう、白しめじ、もやし、大根、長ネギ、マロニー、豆腐、鶏団子をたっぷりと味わえる。〆は白みそと白ごまを入れ、どこまでも白づくしでありながら、コクを忘れない一品に仕上がっている。価格は1200円(税込)。

そのほか、お酒を楽しみたい人には、おでんが9種類入った「屋台の味が楽しめるおでんKOMACHI」1200円(税込)、ちょっぴりお疲れ気味な胃を休めたい人には、昆布、青菜、豆腐、鱈のシンプルな「KOMACHI湯豆腐」1000円(税込)がオススメ。“ひとり鍋”は来年2月末日までの期間限定(※おでんの単品注文は通年可能)。

なお、「OISHI KOMACHI SHINSEN」は、男性の利用も可能とのこと。寒い夜は日本酒を傾けながら、思う存分“ひとり鍋”を堪能して!

■『OISHI KOMACHI SHINSEN(オイシ コマチ シンセン)』
住所:東京都渋谷区神泉町10-5

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。