体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セレナとフリード、ミニバンの人気モデルがお得に。あなたはどっちを選ぶ?

▲車は新しい世代へとフルモデルチェンジすると、先代モデルの中古車がお買い得になります。2016年はセレナ(画像)とフリードという人気ミニバンが相次いでフルモデルチェンジ。そして今、両車の中古車の買い得感が高まってきました!

▲車は新しい世代へとフルモデルチェンジすると、先代モデルの中古車がお買い得になります。2016年はセレナ(画像)とフリードという人気ミニバンが相次いでフルモデルチェンジ。そして今、両車の中古車の買い得感が高まってきました!

セレナとフリード、どちらも中古車相場が急激に下がるかも

8月の日産 セレナ、そして9月のホンダ フリード。2016年は人気ミニバンのフルモデルチェンジが相次ぎました。人気モデルがフルモデルチェンジすると俄然楽しみになるのが先代、先々代となったモデルの中古車相場の動向です。

一般的にフルモデルチェンジがあると先代モデルの買い替え需要が起き、中古車市場における先代モデルの流通量が増えます。それに伴い、価格の下落も期待できるのです! 実際、先代セレナはフルモデルチェンジ直後の9月上旬時点では流通量は約1170台ですが、12月8日時点では約2020台にまで増えています。同じく先代フリードも9月上旬時点では約1000台ですが、12月8日時点では約1420台にまで増えました。平均価格自体は両車種ともまだ横ばいですが、流通量も充実してきたので今後下がることが予想されます。

おいしいミニバンを探したい人、冬のボーナスで家族で楽しく使える車を手に入れたい人、セレナとフリードが大チャンスですよ!

ミニバン人気の高いセレナと、小さくても大人が3列目に座れるフリード

セレナとフリードはどちらも人気モデルですが、両者はクラスがまったく異なるミニバンです。そこで、簡単に両モデルの特徴をおさらいしておきましょう。

<セレナ>

▲5ナンバーサイズで室内が広いセレナは長くミニバンの新車販売台数第1位でした。3mを超える室内長は圧巻!

▲5ナンバーサイズで室内が広いセレナは長くミニバンの新車販売台数第1位でした。3mを超える室内長は圧巻!

まずは4代目日産 セレナ。5ナンバーサイズハイトミニバンというカテゴリーに属するモデルで、特徴は4685mmという全長を生かした広い室内空間。室内長は3060mmにもなり、3列目までゆったり座ることができます。2列目席の中央には1列目席にまでスライドするスマートマルチセンターシートを装備。1列目まで移動させ背もたれを倒せば肘かけとして使えるだけでなく、2~3列目のウォークスルーが可能に。さらに2列目シートが横スライドするので、2列目に人が乗った状態でも3列目の乗り降りが簡単に行えます。

エンジンは最高出力108kW(147ps)、最大トルク210N・m(21.4kg-m)とパワーに余裕のある2L直4を搭載。2012年8月からはほぼすべてのグレードにエネルギー回生効率を高めたシンプルなハイブリッドシステム「S-HYBRID」を搭載しました。

1 2 3 4次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会