ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

フィリピン・セブ島のショッピング事情とお勧めスポット11選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フィリピン・セブ島のショッピング事情とお勧めスポット11選
Photo by: riNux via flickr cc

Photo by: riNux via flickr cc

こんにちは。Compathy Magazineのさとりんです。
日本からの直行便があり、5時間ほどで行けるフィリビンのセブ島は、日本人にも人気の高いリゾート地。旅先での楽しみの一つといえばやはりショッピングですよね! セブ島にはショッピングセンターが数多くあり、買い物をする場所には事欠きません。セブ島ならではのお菓子や食品、Tシャツ、グッズなどはお土産にもぴったり。ここでは、セブ島のショッピング事情とお勧めのショッピングスポットをご紹介します。

セブ島ってどんなところ?

フィリビンのほぼ中央に位置し、南北に細長い島がセブ本島です。このセブ本島の周りにはマクタン島など167の島々があり、これらがまとまってセブ州を構成しています。透明度の高い海と美しい砂浜を有し、リゾート地として有名です。スキューバダイビングやウインドサーフィン、パラセーリングなどが楽しめ、マリンスポーツの愛好家にとっては垂涎の島とも言えます。
また、年間の平均気温は約27度で、1年を通じて温暖な気候が続きます。ベストシーズンは海が穏やかな1〜5月くらい。

滞在の中心は空港やリゾートホテルが集まるマクタン島やセブ本島。マクタン島は1521年にスペイン王の命を受けたマゼランが上陸した地としても知られ、以降、フィリビンはスペインの植民地となりました。島にはスペイン統治時代の遺跡なども残され、それらを巡る観光も興味深いものです。マリンスポーツやリゾートライフはもちろん、観光も楽しめ、有意義な滞在ができます。

フィリピン・セブ島のおすすめのショッピングスポット11選

1. SM(シューマート)シティセブ:元靴屋の大型ショッピングモール

Photo credit: SuperDooperDapper via flickr cc

Photo credit: SuperDooperDapper via flickr cc

フィリピン全土に60店舗以上あるショッピングモールチェーン。SMとはShoe Mart(シューマート)の略で、もともとは靴屋さんでした。
セブ本島の中心にあるシティセブ店はメインウイングとノースウイングとによって構成され、セブ島名産のお土産を売るショップから婦人服・紳士服・子供服のショップ、カジュアルファッションブランドまで500以上ものショップが軒を連ねます。
他にもスーパーマーケットやデパート、フードコート、免税店、映画館などもあり、ここに行けばほとんどのものが手に入るといっていいでしょう。また、シャングリ・ラ・マクタンリゾート&スパなどをはじめ、いくつかのホテルからは無料のシャトルバスも運行しているので、マクタン島からも気軽に訪れることができます。満足度高めのショッピングモールです。

SM(シューマート)シティセブ/SM City Cebu
住所:
電話番号:0322310557
営業時間:10:00〜21:00(年末年始など異なる時期もある)
定休日:年中無休
アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約30分
公式サイト:SM(シューマート)シティセブ

2. アヤラセンター・セブ:しゃれた雰囲気が漂うショッピングモール

Photo credit: Toyo「独身男の贅沢セブ旅行」

Photo credit: Toyo「独身男の贅沢セブ旅行」

セブシティビジネスパークの中心にあるショッピングモール。本館と新館(ザ・テラス)、デパートから構成され、しゃれた雰囲気が漂います。
紳士服・婦人服・子供服をはじめ、バッグや靴、日用品、食料品、コスメ、お土産など何でも揃います。ミズノやナイキ、フィラなどの有名スポーツショップもあり、水着も手に入ります。レストランやカフェも多く、ショッピングの合間にゆったりと食事やお茶を楽しめるのも魅力。
また、SMシティセブと同様、シャングリ・ラ・マクタンリゾート&スパなどいくつかのホテルから無料のシャトルバスが運行しているので、旅行者にはありがたいサービスですね。

アヤラモール・セブ/Ayala Mall Cebu
住所:Cebu Business Park,Archbishop ReyesAvenue,Cebu City 6000,Metro Cebu,Cardinal Rosales Ave, Cebu City, Cebu
電話番号:0325163025
営業時間:日〜木 10:00〜21:00、金・土 10:00〜22:00
定休日:年中無休
アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約35分
公式サイト:アヤラモール・セブ

3. ガイサノ・アイランドモール:ばらまき系お土産が気軽に買える

Provided by  Provided by foursquare-icon-16x16

フィリピン全土で店舗を展開するガイサノキャピタルグループのショッピングセンターで、同グループの店はセブ本島やマクタン島に8店舗あります。マクタン島のパジョにあるアイランドモールは空港から車で約15分。マクタン島のホテルに滞在している人にとっては気軽に行けて便利な存在といえるでしょう。
ガイサノ・アイランドモールは地元客向けで、庶民的な雰囲気が漂っています。地下にあるスーパーマーケットには食料品が豊富に揃い、ドライマンゴーなどばらまき系のお土産を調達するのに最適。2〜4階はデパートになっていて、衣料品や日用品などを揃えています。ただ、治安面にやや不安があるので、スリなどには気を付けてショッピングしてください。

ガイサノ・アイランドモール/Gaisano Island Mall Mactan
住所:National Rd., Pajo, Lapu-Lapu City
電話番号:0323405895
営業時間:9:00〜21:00
定休日:年中無休(一部休みあり)
アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約15分
公式サイト:http://www.gaisanocapital.com

4. マクタン・セブ国際空港の免税店:買い忘れたお土産を調達できる最後の砦

Photo credit: Toyo「独身男の贅沢セブ旅行」

Photo credit: Toyo「独身男の贅沢セブ旅行」

セブ・マクタン国際空港はこぢんまりとした空港で、出国フロアには免税店があります。高級ブランドの化粧品や服飾品などが販売されていますが、品揃えはあまり充実しているとは言えません。しかし、お土産を揃えるコーナーもあり、ドライマンゴーやチョコレートなどをはじめ、Tシャツ、アクセサリー、ソープ、民芸品、民族楽器などまで一通り揃っています。
買い忘れたものがあればここで調達するといいでしょう。ただし、価格は市価と比べるとやや高めになります。

マクタン・セブ国際空港の免税店/Mactan Cebu International Airpot
住所:Lapu-Lapu Airport Rd, Lapu-Lapu City, 6016 Cebu
電話番号:03323402486
営業時間:航空機発着時間に合わせる
定休日:年中無休
アクセス:マクタン・セブ国際空港内出国フロア
公式サイト:マクタン・セブ国際空港

5. ロビンソン・ガレリア・セブ:しゃれた雰囲気の最新ショッピングモール

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

2015年12月にセブ本島にオープンした新しいショッピングモール。6階建てで200以上のテナントが軒を連ねます。店内もそれほど広くはないものの、しゃれた雰囲気が漂い、落ち着いて見て回るにはちょうどよい大きさといえるかもしれません。
品揃えが豊富なスーパーマーケットやローカルフードが楽しめるフードコートなどもあります。また、飲食部門に力を入れていて、おしゃれなレストランも入っているので、ロビンソン・ガレリア・セブに食事に出掛けるのもお勧めです。

ロビンソン・ガレリア・セブ/Robinsons Galleria Cebu
住所:General Maxilom Ave Ext, Cebu City, Cebu
電話番号:0322315030
営業時間:10:00〜21:00
定休日:年中無休
アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約35分
公式サイト:ロビンソン・ガレリア・セブ

6. コロン地区:セブ島随一の格安個人商店が揃う地域

Photo credit: Constantine Agustin via flickr cc

Photo credit: Constantine Agustin via flickr cc

セブ本島の中心部に位置するコロン地区は庶民のショッピングエリアとして知られています。食品から日用品まで何でも揃うカルボンマーケットをはじめ、食品、衣類、雑貨などを扱う小さな店がコロンストリート沿いにびっしりと並び、活気に溢れています。
衣類などの品質は保証できませんが、市価よりもかなり安いので、気軽なお土産を調達するにはいいかもしれません。下町情緒を味わいながらの散策がお勧めですが、治安面や衛生面ではやや不安があるので、スリなどには十分気を付けてください。訪れる際には、いかにも観光客と分かるような目立つ格好は避け、カメラやスマートフォンなどは手に持たないようにしましょう。

コロン地区/Colon
住所:Colon St, Cebu City, Cebu
営業時間:店により異なる
定休日:店により異なる
アクセス:ロビンソン・ガレリア・セブからタクシーで約10分

7. アイランド・スーベニア:セブ島で人気のTシャツをゲット

Photo credit: Ian Dexter Marquez via flickr cc

Photo credit: Ian Dexter Marquez via flickr cc

セブに何軒かあるお土産店。マクタン島に本店があるほか、アヤラモール・セブやSMシティセブなどのショッピングセンターにも入っています。
「I ♥ Cebu」というロゴが入ったTシャツはとくに人気があり、お土産にお勧め。「名前 ♥ Cebu」というように名前を入れてくれるサービスが受けて、一気にセブ土産として定番化しました。名入れは6文字までなら無料です。カラフルな色使いとシンプルなデザインで誰にでも喜ばれるはず。Tシャツの他、水着やサンダル、ロゴ入りのトートバッグやキーホルダーなどもあります。

アイランド・スーベニア/Islands Souvenirs
住所:Lapu-Lapu Airport Rd, MEPZ 1, Lapu-Lapu City, Cebu
電話番号:0322364896
営業時間:9:00〜20:00
定休日:年中無休
アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約5分
公式サイト:アイランド・スーベニア

8. パークモール(マンダウエ市):100円ショップもあるショッピングモール

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

セブ市の東北に位置するマンダウエ市にある個性的な塔が目印のショッピングモール。このモールの大きさは中規模で、ぶらぶらと見て回るにはちょうどいい広さ。
スーパーマーケット「セーブモア」は品揃えが豊富なので、食料品やお土産などはここで十分調達できるでしょう。「JAPAN HOME CENTRE 日本城」はいわゆる100円ショップですが、価格は88ペソまたは66ペソ(1ペソは2.2〜2.8円くらい)なので、日本よりは割高です。レストランやファストフードショップも充実しているので、気軽なランチなどにもお勧め。

パークモール/Park Mall
住所:Reclamation Area, Mandaue, Ouano Ave, Mandaue City, Cebu
電話番号:0323447817
営業時間:10:00〜21:00
定休日:年中無休
アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約30分
公式サイト:パークモール

9. セーブモア(マリバゴ店):地元のスーパーマーケット

Provided by  Provided by foursquare-icon-16x16

ブルーと黄色のロゴが目印のスーパーマーケット。ショッピングセンター内などに何軒かありますが、マクタン島のマリバゴ地区にあるセーブモアはホテルが集中するリゾートエリアからも近く、利用しやすいでしょう。まだ新しいお店で、店内は美しく整理整頓されており、買い物もしやすいのが魅力。
食料品の他に日用品などもあり、ばらまき系お土産に最適なドライマンゴーやソープなどが手に入ります。滞在中に必要な飲料水やジュース、ビール、スナック菓子、フルーツなどを仕入れるのにも適しています。

セーブモア(マリバゴ店)/Savemore Maribago
住所:Sitio Looc, M.L. Quezon National Highway, Maribago, Lapu-Lapu City, 6015 Cebu
電話番号:
営業時間:9:00〜20:00
定休日:年中無休
アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約25分
公式サイト:セーブモア

10. ガイサノ・セイバーズ・マート

Provided by  Provided by foursquare-icon-16x16

マクタン島のバサック地区にあるショッピングセンター。ガイサノ・アイランドモールと同グループになり、こちらのほうがより庶民的な雰囲気です。大きなスーパーマーケットがあり、ばらまき系のお土産を探す他、飲料水やジュース、ビール、パン、ヨーグルト、スナック菓子など、滞在中に必要な食料を仕入れるのにもお勧め。ローカルフードがおいしいフードコートもあります。

ガイサノ・セイバーズ・マート/Gaisano Saver’s Mart
住所:Kagodoy, Basak-Marigondon Rd, Lapu-Lapu City, 6015 Cebu
電話番号:0322388880
営業時間:9:00〜21:00
定休日:年中無休
アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約20分
公式サイト:ガイサノ・セイバーズ・マート

11. SMシーサイドシティ:スケートリンクもあるセブ最大規模のショッピングモール

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

2015年10月にオープンしたショッピングセンターで、セブ最大規模を誇ります。衣料品、日用品、インテリア、家具、家電など何でも揃うほか、レストランやフードコートも充実。ユニクロや吉野家など日本の店舗もあります。
また、セブで唯一のアイススケートリンクがあることでも注目を集めています。まだ、オープンしていないショップもあり、今後も楽しみなモールといえるでしょう。ちなみに、このエリアはSRP(Cebu South Road Properties)と呼ばれ、開発が進んでいます。今後、周囲にはホテルやコンドミニアムなども建設される予定です。

SMシーサイドシティモール/SM Seaside City
住所:South Road Properties, Cebu City
電話番号: 0324107131
営業時間:10:0〜21:00(年末年始など異なる時期もある)
定休日:年中無休
アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約50分
公式サイト:SMシーサイドシティモール

セブ島のショッピングスポット地図マップ

おわりに

ショッピングセンターが充実したセブ島。食料品からお土産までいっぺんに揃うのはなんとも嬉しい限り。それぞれ個性がありますので、いくつかはしごして見るのも楽しいかも。少し治安の悪い場所もありますので、安全には十分に注意を払って、楽しくショッピングしてくださいね。

ライター:Satoko Sumitomo
Photo by: riNux via flickr cc

フィリピン・セブ島のショッピング事情とお勧めスポット11選

Compathyでフィリピンの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、フィリピンを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

セブ島・ショッピングの関連旅行記ブログ

*Masumi Yoshimura「豪華シャングリラでのんびりリゾート☆カジノも楽しめるエンジョイセブ島♪」

*Toyo「独身男の贅沢セブ旅行」

*KANA「【フィリピン・セブ島旅行記】格安語学留学&夜遊び&ビーチPARTY&無人島クルーズ!」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。