体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

#クボメイク この冬はココア色。内側からにじみでる女性らしさ

毎日となると義務になりがちなメーク。

そんな自分に気づいたら、新しいメークに挑戦するタイミング。

最近、よく耳にして気になっているのが「#クボメイク」です。

「#クボメイク」ってなに?

クボメイクとは、ヘア&メーキャップアーティストの久保雄司さんによるメークのこと。クボメイクのこの冬のトレンドメークのポイントは、どうやら「ブラウンを使ったワントーンメーク」のよう。

プチプラアイテムでもできて、内側からかわいさがにじみ出てくるクボメイク。

ここまで女性の心をつかむクボメイクの魅力って、一体なんなんだろう?

161212integrate_5.jpg

メークイベントに登場した久保さんとモデルの武居詩織さん。イベントに参加した女性たちの目も、真剣そのものです。

161212integrate_10.jpg

今回は、久保さんが実際に使っているという「インテグレート」のアイテムを使って、この冬のトレンドメークをレクチャーしてくれます。

#クボメイク流 ワセリンを使った眉メーク裏技

まずは、ワセリンを使った驚きの眉メーク。眉メークにワセリン! 斬新な技の眉メークに視線が集まります。

ダークカラーの眉で大人の女性らしさを演出

161212integrate_6_1.jpg

1.ワセリン(リップクリームやシアバターも可)を手の甲に取り、スクリューブラシでアイブローパウダー(「インテグレート ビューティートリックアイブロー BR631」)と混ぜる。

2.眉を立たせながら、スクリューブラシで毛並みをとかすように色をのせていく。

「撮影でも最近は、ワセリンとパウダータイプのアイブローをつかった眉メークばかり。いい感じで色がのるんです。色は、髪の毛と同じくらいか、少し暗めにする人が増えてきています」(久保さん)

血色感はチークじゃなくて目もとで出す

眉メークの次はアイメーク。

いま、メークのポイントは、どんどん上にきている、と話す久保さん。クボメイクでも、血色感を出すのはチークだけではなく、アイメークでもローズブラウン系のカラーを使うのがポイントです。

久保さんがイチオシのアイシャドーは、ローズブラウン系のカラー(「インテグレート トリプルレシピアイズ RS705」)。

血色感あるアイメークで存在感のある目もとを

161212integrate_7.jpg

1.シアーなピンクをアイホール全体に伸ばす。

2.ローズブラウンを、目のキワにアイラインを引く感じで入れ、中央から上の方に広げる。

3.赤茶色を、細めのブラシで目のキワに入れる。目を開けて自分に似合う幅を確認しながら入れること。

4.3と同じ赤茶色を、下まぶたの目尻から目頭にオン。血色感のある「囲み目」メークで大人っぽさがアップ。

「血色メークというと、チークを想像する人が多いと思います。でもいまは、目もとで血色感を出すのが僕のやりかた。このパレットの赤茶色がすごくいい色で、これだけでかなりイマっぽくなれます」(久保さん)

目のすぐ下をピンクに染めるチークがはやっていたこともあったけど、すでにトレンドは移り変わっているんだと実感。アイメークで血色感を出すクボメイクは、主張しすぎないのに存在感のある目もとを完成させてくれます。

この冬はブラウンのワントーンメークが気分

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。