ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Jan Urila Sasデビュー作の予約がスタート、jan and anomi のJanソロプロジェクト

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

janprofilepic
Jan Urila Sasのデビュー作 Blue Angels Of Santa Monica 12″LPが100枚限定にて12月17日にリリース決定&予約12月10日 (土)より開始をスタートしている。
フランスのアートクリエイターたちから注目を集める若手映像ディレクター Anton Bialas(アントン・ビアラス)によるMVも公開中。
Legacy/レガシー(VIDEO)
https://vimeo.com/149068917

 

100枚限定のため下記店舗のみの取り扱い
販売店舗/サイトはこちら
Teien Online store
http://teienonline.com
Desperate Living (東京)
http://www.desperate-living.com
Stereo Records (広島)
http://www.stereo-records.com
Bar Callas (東京)
http://callastokyo.com
Discogs
https://www.discogs.com/Jan-Urila-Sas-Blue-Angels-of-Santa-Monica/release/9329118

 

フルアルバム
視聴/ダウンロードはこちらから
BANDCAMP
https://janurilasas.bandcamp.com/
YOUTUBE
https://www.youtube.com/watch?v=zFEEB3M6PZw&t=23s

 
メイン画像
TRACK LIST
1. レガシー/ LEGACY  04:02
2. Velvet Lips, Channel 7 06:12
3. R.O.H 05:56
4. Paris.S.S 03:21
5. Happy Birthday 04:05
6. Replicants 02:03
7. Владивосто́к (Blue Moon of Vladivostok) 10:16
8. Purple Sheets 02:29
9. Love 01:48
10. Green Eyes Blues 04:18
11. Blue Angels of Santa Monica (short ver.) 02:58
12. How far is Vienna? 03:43

Jan Urila Sas / Blue Angels Of Santa Monica 12″LP
Label : URILA東京
価格: 3,000[税込]

 

・ヤン・ユリラ・サス
(Jan Urila Sas)
1990年5月4日生まれのアーティスト、ミュージシャン、作家。身長187cm。東京。

ディスコグラフィー
・Happy when it rains EP / Happy when it rains (2010)
・GREAT3/GREAT3 (2012)
・A Portrait of the Artist as a young man – Time 7inch / jan and naomi (2014)
・愛の関係/ GREAT3 (2014)
・jan, naomi are / jan and naomi(2014)
・The Silence / The Silence(2015)
・Doublehappiness in Lonesomechina/ Jan.S.Stigter & Riki.E.Hidaka(2015)
・Hark/ The Silence (2015)
・Blue Angels of Santa Monica – digital / Jan Urila Sas (2015)
・Leeloo and Alexandra / jan and naomi (2016)

 

Link/Bio
janurilasas.tumblr.com
Soundcloud
https://soundcloud.com/janurilasas
Bandcamp
https://janurilasas.bandcamp.com/

 

問い合わせ
URILA東京
3-33-12 Yayoi-cho Nakano-ku
Tokyo Japan

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。