体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

RESASのデータから地方創生を考える「RESAS-APIハッカソン」開催レポート

RESASのデータから地方創生を考える熱い2日間

RESAS(リーサス)=Regional Economy and Society Analyzing Systemは、人口急減・超高齢化に歯止めをかけ、日本全体の活力を上げることを目的に、地方自治体が自らの現状と課題、強みと弱み等を把握し、その特性を踏まえた地方創生実現のための戦略立案に活用されています。

この2016年11月、RESASのデータを自由に取り出せるAPIが公開され、このAPIを利用して地方創生を考える「RESASアプリコンテスト」も今後開催される予定になっています。そこで、API初公開を記念し、またコンテストに応募するための作品作りを支援することを目的とし、「東京で考える地方創生!RESAS-API ハッカソン」が11月6日と13日の2日間にわたり開催されました。
RESAS
RESAS API
RESASアプリコンテスト

11月6日に開催されたハッカソン1日目については、以下を参照ください。
RESASのデータから地方創生を考える熱い2日間!(1/4)
RESASのデータから地方創生を考える熱い2日間!(2/4)

2日目、開発が締め切られ発表が始まる

2日目は、開始時間からずっと開発が続けられる中、いよいよ、締め切り時間が迫ります。5分前からスクリーンに時計が表示され、16時45分、ぴったりでタイムアップ。10分間の休憩の後、最終発表が始まります。

発表の前に審査員が紹介されました。審査員は以下の通りです。


内閣官房 地方創生推進室 RESAS 担当 大村 浩之 氏
チームラボ株式会社 カタリスト 床並 展和 氏
株式会社IDOM 執行役員 新規事業開発室長 北島 昇 氏
アソビュー株式会社 取締役執行役員 営業統括責任者 高村 圭 氏
駐日外国政府観光局協議会(ANTOR-JAPAN)事務局 中山 圭太郎 氏
日本マイクロソフト株式会社 テクニカルエバンジェリスト 増渕 大輔 氏

3分間勝負の最終プレゼンテーション

最終発表は3分間。デモのみで、スライドの使用は不可。質疑応答も3分。
その短時間でこれまでの成果を説明することは難しかったようで、どのチームも概要を話すだけで精いっぱいという感じでしたが、それでも成果物はしっかりと見ることができました。

1.Zen OS(岩手県)

最初の発表者は、チーム「Zen OS」です。「社会を変えるために社会を創るサービスを提案します」という言葉から始まった作品は、エストニアのブロックチェーンを採用した仮想通貨を下敷きにしたもの。

1 2 3 4 5次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。