体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウォッチフェイスアプリ「Facer」がv3.0にバージョンアップ、Gear S2/S3や全Android Wearをサポート

スマートウォッチのウォッチフェイスを自作・共有できるプラットフォーム「Facer」が v3.0.0 にバージョンアップし、様々な新デバイスをサポートしたほか、簡単にスマートウォッチや輻輳にマッチしたウォッチフェイスを自作できる新機能などが追加されました。Facer では Android Wear 用のウォッチフェイスを中心に様々なデザイナーが作成したウォッチフェイスを簡単にダウンロードできるのが大きな特徴です。今回のメジャーアップデートでは、新たに Tizen をサポートし、Gear S2 と Gear S3 でも Facer のウォッチフェイスを利用できるようになりました。また、Nixon The Mission や Polar M600,、Michael Kors、ZenWatch 3、Moto 360 Sport などの最近のスマートウォッチもサポートし、全 Android Wear で利用できるよになりました。新機能の「Color Matcher」はスマートフォンのカメラで撮影した写真から被写体のテーマ色を抽出してウォッチフェイスのカラーリングを設定できる機能です。「Facer」(Googel Play)

■関連記事
KDDI、「Galaxy S7 edge SCV33」に11月分のAndroidセキュリティパッチを配信開始
Google、GoogleドライブのiOS版にiPhoneからAndroidへの乗り換えに役立つ“バックアップ”機能を追加
レンサ、女性占い師「三木まりこ」「伊藤璃香」のAndroidアプリをリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。