ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

春に使える英語フレーズ25選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

友達や同僚など、どの会話においても必ずと言っていいほどネタになるものといえば、季節の話ですよね。季節の変わり目となるシーズンには、外国人の方と天気の話をする機会があるという方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、今回は、冬が終わって春になった際に活躍する英単語や英語表現のフレーズをまとめてみました。是非ご一読ください。

 

暖かさを表す英語フレーズ

暖かさを表す英語フレーズ

photo by shutterstock

1.It’s warm today, isn’t it?
今日は暖かいですね。

2.It is as warm today as yesterday.
今日は、昨日と同じくらい暖かいです。

3.It’s getting warmer.
暖かくなってきました。

4.It is pretty warm today.
今日はだいぶ暖かいですね。

5.It’s warm today so you can swim in the sea.
今日は暖かいから海で泳げますよ。

 

春を表す英語フレーズ

春を表す英語フレーズ

6.Spring is just around the corner.
春はすぐそこだね。

7.The weather gets more springlike.
春っぽい天気になってきました。

8.I felt spring in the air.
春の気配を感じます。

9.Spring is in the air.
春めいていますね。

10.Spring is here!
春が来ました!

11.I found the breath of spring in the park.
春の息吹を公園で見つけました。

 

桜や春のイベントに使える英語フレーズ

桜や春のイベントに使えるフレーズ

12.The cherry blossoms are in full bloom.
桜が満開です。

13.The cherry blossoms are starting to bloom.
桜が咲き始めました。

14.Let’s go to see cherry blossoms.
花見に行こうよ!

15.Cherry blossom viewing is a fun event in spring.
花見は、春の楽しいイベントです。

16.The cherry blossoms along the river are in full bloom.
川沿いの桜が満開です。

17.The cherry blossom front moves northward little by little.
桜前線は少しずつ北上します。

 

花粉症に関する英語フレーズ

18.I got / developed hay fever last year.
私は去年花粉症になりました。

19.I’m allergic to cedar pollen.
私はスギ花粉の花粉症です。

20.I have (bad) hay fever.
私は(ひどい)花粉症です。

21.I can’t stop sneezing.
くしゃみが止まりません。

22.I have red eyes.
目が赤いです。

23.I take hayfever tablets.
花粉症のための錠剤を飲んでいます。

24.I have a runny nose..
鼻水が出ます。

25.I have an allergy to cedar pollen.
スギ花粉の花粉症なんです。

 

うららかな春に使いたい英語

さて、今回は春にまつわる英語表現を紹介しました。日本人には欠かせないお花見の紹介から、花粉症の症状まで、春につきものの話題も英語に直してみると興味深いですね。

また春には、英語圏の人も参加する花見パーティーなども頻繁に開催されていますので、これらの英語を使う可能性大です。皆さんも、今回ご紹介した英語フレーズを活用して、楽しい春をお過ごしください。

関連記事リンク(外部サイト)

「21歳女子大生のメキシコ留学」1年間で私に起きた4つの変化
気になってた件→「英語の訛りって何がどう違うの?」
「私は猫の肉が好きです」日本人が間違えやすい英語フレーズ10選
CAが教える接客英語!これで、かっこよく対応できること間違いなし

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。