ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Synaptics、カバーガラスの下に搭載する光学式指紋リーダーを開発

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Synaptics は 12 月 13 日、業界初となるスマートフォン向けの光学式指紋リーダーを開発したことを発表しました。Synaptics が開発した「FS9100」は、スマートフォンやタブレットのフロントやリア、サイドのカバーガラス(2.5D ガラスを含む)の下に搭載できるように設計された指紋リーダーです。動作やによると、S9100 では 1mm のカバーガラスを透過して指紋のスキャンが可能です。これを採用することで、スマートフォンやタブレットの外装にボタンなどのセンサー領域を設けることがなくなり、よりクリーンなデザインを実現できるとしています。光学式のメリットはこれだけではなく、カバーガラスに指紋リーダー用の加工を施すことがないので、カバーガラスの構造をシンプルにすることができます。また、濡れた手でも指紋を認識できます。Source : Synaptics

■関連記事
レンサ、女性占い師「三木まりこ」「伊藤璃香」のAndroidアプリをリリース
TCL、Idol 4のタッチ&トライイベントを12月17・18日にイオン品川シーサイド店で実施
LG 、CES 2017でLG KシリーズとLG Xシリーズの第二世代モデルやLG Stylus 3を発表か?スペック情報が伝えられる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。