ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Google、IoT機器向けの新OS「Android Things」を発表、Developer Previewをリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米 Google は 12 月 13 日(現地時間)、今後普及が見込まれる IoT 機器(Internet of Things)向けに Android をベースにした新 OS 「Android Things」を発表しました。Android Things は、Android から派生したオペレーティングシステムのことで、スマート家電やウェアラブルデバイス、センサーなどのインターネットに接続する様々な低消費電力型デバイスでの動作を想定した設計されています。これは 2015 年の Google I/O で発表された “Brillo” を正式化したもので、企業や個人は Android API を含む Android の機能や Google サービスを利用できる IoT 機器向けのファームウェアを容易に開発することが可能になります。アプリは Android Studio 上で開発できます。Google は Android Things と併せて、IoT 製品向けプラットフォーム「Weave」も発表しました。Weave は、Android Things が Android スマートフォンやクラウドサービスに接続するために使用されるプロトコルで、これを利用して Android Things を搭載した端末と通信できるようになります。今回の発表の中では、Google アシスタントのサポートといったプラットフォームのアップデートが発表されました。Google は Android Things の Developer Preview 版を公開しており、Intel Edison、NXP Pico、Raspberry Pi 3 で試すことができます。Source : Google(発表文)、Android Things Developer Site

■関連記事
Google、Android Wear 2.0 Developer Preview 4をリリース、Android Wear 1.xアプリをサポート
Snapchatに最大16人のユーザーと会話できるグループチャット機能が追加
Google Alloのダウンロード数がようやく1,000万回を突破

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。