体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

会社の近く、実家の近く…エリア選びからはじめる家さがしのススメ

生活・趣味
会社の近く、実家の近く…エリア選びからはじめる家さがしのススメ

そろそろ新しい家に引越したいなと思ったら、まず新しい街で、どんな暮らしをしたいかを考えてみませんか? 例えば、会社・(子どもの)学校の近く、知り合いの近く、遊び場の近く、今住んでいる場所の近く、実家の近くなど、5つのエリアで考えてみませんか? それぞれどんな暮らしが待っているか想像してみると、住まい探しが一歩前進するはずです。

1.「会社の近く・学校の近く」に住んだ場合

【画像1】写真/PIXTA

【画像1】写真/PIXTA

まず、通勤・通学時間がかかりません。朝30分でも長く寝ることができるって幸せです。仕事で疲れた帰宅時も、家が近ければ会社を出てから30分後にはお風呂に入ってソファでくつろぐなんてこともできるかも。子どもの学校が近ければ、部活で遅くなるときも、暗くなる前に子どもが帰ってくることができるので、心配がありませんよね。仕事場の近くに一戸建てを購入したIさんも、「仕事場に自転車で行けるのが一番の魅力。下の子の託児所にもすぐに迎えに行けて便利です」と言います。

また、平日も休日も、活動エリアがほぼ同じなのもメリットのひとつ。例えば休みの日にクリーニングを会社の近くで頼んでおいて、仕事帰りに閉店前の店で受け取る、なんてことも可能です。

2.「友人・知り合いの住まいの近く」に住んだ場合

【画像2】写真/PIXTA

【画像2】写真/PIXTA

なんといっても、気軽に知人に会えるのが最大のメリット。休日はもちろん、平日の夜だって、地元で集合して一緒に晩御飯、なんてこともできちゃいます。流行りのシェアハウスには少し抵抗がある人も、住まいが別々なら適度にプライベートを保つことが可能。ほどよい距離感で付き合えるのがおすすめポイントです。

また、「友達とは外でも会いますが、家に集まることも多いので、掃除をまめにするようになりました。結果、家が常にキレイなのは予想外のメリットかも」と、賃貸マンションに引越しをしたAさん。Aさんにとって家をキレイに保つコツは人を呼ぶこと。人を呼べば料理もしたくなり、料理上手になるかもしれません。

3.「遊び場の近く」に住んだ場合

【画像3】写真/PIXTA
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会