ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

かけそばより天ぷらそばのほうが太らない?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

かけそばより天ぷらそばのほうが太らない?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。12月の火曜日は、管理栄養士・足立香代子さんをお迎えし、「太りにくい間食」について伺っています。12月13日(火)のテーマは「油ぬきは、太る」!

近年の科学の進歩により、食と栄養に関する常識も大きく変わってきましたが、その1つに“油のとり方”があります。

以前は「油は太る」と言われていましたが、糖質と一緒にとると腹持ちがよくなり、血糖値が上がりにくくなることが明らかに。糖質はとりすぎると血糖値が上がるのが早く、しかも、またすぐに下がってしまうのですが、例えば甘いお菓子を食べるとすぐにまた食べたくなるのはこのため。つまり、消化吸収が悪い油をとることは、この急激な上昇・下降を抑えるため、逆に太りにくくなるのだとか。ランチでそばを食べる時は、かけそばよりも、少しカロリーが多くても天ぷらそばを食べた方がよく、しかも天ぷらを先に食べた方がよいそうですよ!

「糖分が多く太りやすい」と言われていたフルーツも、考え方が変わりつつあります。フルーツに含まれている糖は、40%が血糖値を急激に上げる「ショ糖」ですが、60%は血糖値を急激に上げない「果糖」であることが分かりました。さらにフルーツの食物繊維も血糖値の上昇を抑える効果があるので、食物繊維をより多くとるよう、リンゴやブドウはよく洗って皮ごと食べるのがおすすめだそうです。

ここで、足立さんから間食に特におすすめのフルーツを教えて頂きました。

それは、果肉が緑色のキウイフルーツ。小ぶりのものは1個が50kcal程度と少なく、老化防止に効果のある抗酸化力があり、コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCが多く含まれており、1日に必要な摂取量の60%くらいがとれるといいます。

風邪のひきはじめや、調子の悪いときは、キウイフルーツ2個と温めた牛乳を飲むと、より効果的。これだと、カロリーは低く抑え、風邪などのストレスで外に逃げたビタミンCやカルシウムを補うこともできる一石二鳥の方法なのだそうです。

今回の間食のルールを踏まえながら、次週も「太りにくい間食」について、引き続き、足立さんに伺っていきます!

さて、12月14日(水)の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」コーナーは、一転、フィットネス&エクササイズをテーマにお届け。ハイテンションなキャラが話題の“ティップネス部長”こと、福池和仁さんに、「忙しい朝でもできる簡単エクササイズ」を伝授して頂きます。こちらもどうぞお楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。