ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ワシントン大学の研究チームが「Passive Wi-Fi」を考案、従来比10,000分の1という超低消費電力なWi-Fiシステム

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
米ワシントン大学の研究チームが「Passive Wi-Fi」と呼ばれる従来の Wi-Fi システムの一万分の一以下という大幅に低い消費電力で動作する IoT 機器に最適な Wi-Fi システムを考案したことを発表しました。Wi-Fi といった無線伝送システムではパケットの伝送にデジタル信号を処理するベースバンド回路とアナログ信号を処理する RF 回路、アンテナが必要になります。Passive Wi-Fi はこの中でも消費電力の大きな RF を外してパケット伝送を可能にした特別なチップセットを用いることで、大幅に消費電力を削減しています。同チームによると、Passive Wi-Fi の消費電力は従来の Wi-Fi システムよりも一万分の一で、さらに 低消費電力な Bluetooth Low Energy であっても千分の一以下で動作するそうです。また、現時点では最大 11Mbps までの伝送速度を出せるとのことです。ただ、Passive Wi-Fi では RF を内蔵した電源接続型の “プラグインデバイス” が必要となり、ベースバンド伝送のような仕組みで動作するので、システムが少し複雑になります。それでも、Pasive Wi-Fi を採用すると IoT 機器は Bluetooth LE よりも低消費電力で高速に動作し、LAN 接続が可能になるのでネットワークでの管理も容易になります。

■関連記事
Google Alloのダウンロード数がようやく1,000万回を突破
HMD Global、同社初のNokiaフィーチャーフォン「Nokia 150」「Nokia 150 Dual」を発表
プラスワン、故障したスマートフォンの補償サービス「つながる端末保証 by Freetel」を提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。