体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイのロイクラトン(コムローイ)祭りに2年連続で参加!運が良ければ当日券が買えるかも

タイの北部チェンマイで開催されるロイクラトン(コムローイ)に2015, 2016年の2年連続で参加してきました。

開催地は、チェンマイにあるメージョー大学の敷地内なのですが、その敷地内に入るにはチケットなしでは入場することはできません。2015年はチケットなし、2016年はチケットありで参加したので、それぞれの楽しみ方を伝授したいと思います。また、ちょっとした裏技を最後にご紹介するので、お見逃しなく!

 

※コムローイ祭りは2015年度より、イーペンランナーインターナショナルのみの開催となりました。コムローイの打ち上げが許可されているのはイーペンランナーインターナショナル当日と、大晦日のみとなります。今まで設けられていた地元の人用の日程は廃止になりました。

 

チケットなしでの楽しみ方(2015年当時)

会場までの行き方ですが、チケットを持っていればツアーでの参加が多いので、ホテルまで送迎がある場合が多いです。チケットが無い場合は個人で行くと少し分かりにくいかもしれません。会場であるメージョー大学は、チェンマイの中心部である旧市街や新市街から車で30分程離れた場所に位置しています。

そして、メージョー大学の正門から、祭りが行われる敷地内までは車で10分、徒歩40分かかります。行き方は大まかに3通りあります。

レンタルバイク

7897022710_a47ea1bf90_z

photo by jo.sau

チェンマイの旧市街や新市街に行くと、どこに行ってもレンタルバイクのお店があります。バイクの大きさを問わなければ、値はお店によって99バーツから250バーツと幅広くあります。国際免許証の提示は求められませんが、貸出時にパスポートを預けて、返却時に返してもらう仕組みが多いです。

もちろん2, 3人乗りは可能ですが、安全のためにヘルメットは被りましょう!

 

こちらが、メージョー大学までの行き方ですが、上記の様に大学から敷地内までは少し距離があるので、直接敷地内を目指した方が無難かもしれません。

 

敷地内までの行き方

敷地内のすぐ側にある川沿いから中で飛ばされるコムローイの様子を見ることができ、自分たちで飛ばすこともできます。早めに行って席を確保することをお勧めします。レジャーシートがあると長時間でも座っていられるので楽です。

緑色のソンテウ

shutterstock_412767244

photo by shutterstock

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。