体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大きな仕事をしたときこそ”謙虚な発言”をしなくてはならない

こんにちは。いろんな職種を経験してきたライターのゆうせいです。現在は、Webとチャンバラの会社で会社員をしつつ、映画ライターやフリー素材モデルをしております。

大きな仕事をしたときこそ謙虚な発言をしなくてはならない

いろんな仕事をしていて思うことは、結果を出したときこそ油断してはならないということ。大きな仕事をした、成果を出した、そんなときの報告書や日報を書くのは最高に楽しいですし、TwitterやFacebookにもドヤ顔で投稿したいですよね。しかし、そこには細心の注意を払わなくてはいけません。

刑事ドラマでは、犯人逮捕の瞬間が一番危険だとよく言われています。なぜなら、犯人と一番距離が近くなるから。成果報告の瞬間も、自慢や自己顕示欲が一番現れやすいと言えます。

その増長は自己顕示欲と承認欲求を招き、反感を買う発言につながる危険性があります。

わかりやすく言えば、

「俺ってすごいだろ!」

「僕ってすごいでしょ?」

と言ってしまうこと。自分では気がつかないうちに…。

せっかくの報告が「ただの自慢」だと思われて、最悪の場合は「調子に乗っている」「天狗になっている」とまで思われてしまっては悲しすぎます。感謝の気持ちをちゃんと綴るようにして、不要な炎上を防ぎましょう。

自慢の何が悪いのか

いやいやいや、大きな成果を出したのなら自慢してもいいじゃん?と感じる方もいると思いますが、少なくとも報告の段階で自慢してもプラスになることはありません。

報告はあくまでも報告であって、誰が、何を、誰のために、どうやって、その結果がどうだったのかを伝えるものです。

あなたの仕事がどれだけ早かったとしても、どんなに苦労したとしても、それを報告に乗せることは可能な限り控えなくてはいけません。なぜなら、報告を聞く人にとって、それは関係のないことだからです。(もちろん上司はそれを理解していないとダメですが…)

どんな問題があって、それを解決したのかを書くことと、自分だからこそ解決できたのだと書くことはまったくの別物なのです。注意しましょう。

謙虚すぎるくらいがちょうどいい

謙虚すぎるくらいがちょうどいい

では、どのように報告するのが良いか。一言で言えば、いつもより謙虚になる。少しなりすぎるくらいがちょうどいいと私は思います。

人に面と向かって「ありがとう」と感謝するのは照れくさいものですが、言わないと伝わらないことは往々にしてあります。そこで、「ありがとう」の代わりに「おかげさまで」の気持ちを忘れずに付け加えましょう。

例えば、

「本日も5件受注してしまった…ほんと忙しいけど頑張ります。」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会