ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

@Google に絵文字を送ったら…大量のお寿司があふれ出てきた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ネットのサービスと絵文字で会話って、新鮮。

「@Google」に絵文字を送ってみると…?

Googleが、絵文字のツイートを理解して返信してくれるようになりました。

たとえば、ハンバーガーの絵文字を、「@Google」をつけてGoogleの公式アカウント宛に送ってみると…

@cgartenberg Search results that are… well-done. https://t.co/UmNy3lahxm #KnowNearby pic.twitter.com/qrSoyH7kQ2
— Google (@Google) 2016年12月6日

ハンバーガーがあふれるGIF動画が表示された後、近くにあるハンバーガー店を地図で表示するリンクを送ってくれるんです。

『The Verge』によれば、この機能は、Googleのローカル検索のプロモーションの一環とのこと。

友だちと絵文字で会話することはあっても、Googleに絵文字を送るって何か新鮮。それに、近くのエリア情報を送ってくれるなんて便利な機能です。

絵文字でコミュニケーションできる時代

また、『Mashable』によると、なんとこの機能では200以上の絵文字に対応しているとのこと。

ほかにも、ナスの絵文字を送るとナスのペースト「ババガヌーシュ」のレシピの検索結果のリンクが返ってきたり、「おしりっぽい」と言われる桃の絵文字を送るとデスティニーズ・チャイルドの「Bootylicious」の歌詞へのリンクが返ってきた様子。

「これ送ったらどうなるだろう?」って、ついいろいろ送ってみたくなりますね。

ちなみにグリッティのTwitterで、お寿司の絵文字をGoogleアカウントに送ってみたところ、

@GLITTY_JP Sushi. Sushi. Sushi. BOOM! https://t.co/bpLsUe6i6R #KnowNearby pic.twitter.com/T5t6thLulE
— Google (@Google) 2016年12月13日

GIF動画と一緒に、近くのお寿司屋さんを紹介するリンクが届きました。

ホワイトハウスだって絵文字を使いこなす時代だし、コミュニケーションはますます何でもありになっていきますね。

[Mashable, The Verge]

写真/Shutterstock

■ あわせて読みたい

・ロマンティックに寝落ちする。本物の蝋でできたLEDのキャンドル
・Googleポップアップストア。東京もNYもテックフレンドリーが進んでる
・写真撮るだけでカロリーわかる。SNS感覚でダイエット
・どうしようもない怒り。どう付き合えばいい? #深層心理
・ハイブランドとストリートってこんなに相性がいい #Valentino
・渋谷で進化系フレンチトースト「コブラー」を。しあわせな気分が続く
・レディー・ガガ、PTSDを告白。それでも乗り越えようとしている

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。