体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィラデルフィア・インターナショナルの極めつけディスコヒット5曲

今回は70年代のディスコ黎明期に大ヒットを連発し、モータウンの対抗馬となったフィラデルフィア・インターナショナル・レコードを代表する5曲をセレクト。
フィラデルフィア・インターナショナルの極めつけディスコヒット5曲 (okmusic UP's)

1971年にアメリカで始まったテレビ番組『ソウル・トレイン』
毎回、黒人音楽のスターをスタジオに呼び、観客が踊るという趣向の内容で、この『ソウル・トレイン』が世界中にディスコを広めるきっかけとなった。その昔、日本でもちゃんとテレビ放送されていて、洗練されたダンサーの巧みなダンスに、今、中年以上の人なら感動した記憶があるはずだ。
同番組のテーマ曲を演奏していたのが、フィラデルフィア・インターナショナル・レコード(以下、P.I.R)に所属するグループ、MFSBである。若い人でも、MFSBというグループ名やテーマ曲のタイトル「T.S.O.P(The Sound Of Philadelphia)」は知らなくても、曲そのものは聴いたことがあると思う。それぐらい日本ではよく知られた曲だ。

60年代には大ヒットを飛ばしまくっていたモータウン・レコードであったが、70年代に入ると、誰にでも愛されるヒット曲という意味では翳りが見え(もちろんアルバム単位では秀作は多かったが)、キャッチーなメロディーを持つ曲を量産していたP.I.Rが70年代の主役に躍り出る。もちろん『ソウル・トレイン』の高視聴率のおかげで好セールスに結び付いたこともあっただろうが、何より親しみやすい曲が多いということが一番の大きな理由である。ソングライター兼プロデュースを、ケニー・ギャンブル&レオン・ハフ、そしてトム・ベルという非凡な才能を持った3人が担当し、彼らが次々と新しいシンガーやグループを生み出していったのである。

それらを総称してフィリーソウルとか、フィラデルフィアサウンドと呼び、オージェイズ、イントゥルーダース、ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツ、スルー・ディグリーズなど、ギャンブル&ハフのもとで、70年代の独創的なソウルミュージックを送りだしていく。そして、それらが第一世代のディスコ・ムーブメントに華を添えることになる。

そんなわけで今回は、70年代初頭のディスコを盛り上げたP.I.Rのディスコ・クラシックスを5曲セレクトしてみた。

1.「T.S.O.P(The Sound Of Philadelphia)」(‘74)/MFSB Featuring The Three Degrees
ディスコ向けのヒット曲として世界最古の曲である(ビルボードの全米ホットチャート1位)。邦題は「ソウル・トレインのテーマ」。ストリングスを中心にしたダンサブルなナンバーで、フィラデルフィアサウンドを代表する一曲だと言えるだろう。3人組女性コーラスグループのスリー・ディグリーズがゲスト参加しているが、合いの手を入れる程度で、基本はインストナンバーだ。高校生の頃だったか、この曲を最初に聴いた時、ヴォーカルもないし華麗なギターソロのようなものもないので、この曲の使われ方というか意味が分からなかった記憶があるのだが、その頃はまだ“踊る”という概念が僕の中に定着していなかったからだと思う。MFSBはマザー・ファーザー・シスター・ブラザーの略で、数十人にも及ぶP.I.R専属のバック・ミュージシャン・チームだ。白黒混合で、モータウン・レコードのファンクブラザーズやスタックス・レコードのブッカー・T&ザ・MG’sのような存在である。

2.「Back Stabbers」(‘72)/The O’Jays
フィラデルフィアサウンドを代表するコーラスグループ、オージェイズの大ヒットナンバー。全米R&Bチャートで1位。ポップスチャートでも3位を獲得した名曲。邦題は「裏切り者のテーマ」。長い間、下積み生活を送っていた彼らがフィラデルフィアで大成功を収めた記念すべき曲で、これがP.I.Rの最初の大ヒット曲でもあった。オーケストラのアレンジをはじめ、コーラスの部分やソロパートの上品なシャウトぶりなど、この曲でのギャンブル&ハフとトム・ベルのプロデュースは、当時かなり斬新だったと思う。初期のディスコではオージェイズは大人気で、80年代までヒット曲をリリースし続ける。リードヴォーカルのエディ・レバートの歌い方にやさしさと温かみがあり、他のP.I.Rのヴォーカリストたちも大いに参考にしたと思われる。フィリーソウルの典型的なスタイルだと言えるだろう。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。