ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2016年間 USEN HITランキング発表、J-POP 1位は宇多田ヒカル 洋楽1位はフィフス・ハーモニー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
2016年間 USEN HITランキング発表、J-POP 1位は宇多田ヒカル 洋楽1位はフィフス・ハーモニー

写真右より、USEN代表取締役社長 田村公正氏、J-POPランキング1位 中村 卓氏(執行役員, Virgin Music/EMI Records マネージング・ディレクター)、洋楽ランキング1位 中武宣廣氏(ソニーミュージックジャパンインターナショナル代表)、USEN取締役常務 執行役員 大田安彦氏

USENは本日、同社が運営するUSEN音楽放送(USEN440、SOUND PLANET、music AirBee!、SOUND PLANET-i)におけるオンエア実績や、リスナーからのリクエストを基に独自に集計した「2016年間 USEN HITランキング」を発表した。

2016年間 USEN HIT J-POPランキングで見事1位に輝いた楽曲は、今年、音楽活動を再開した宇多田ヒカルの「花束を君に」。NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌でも話題となっていたこの曲は、4月に配信がスタートして以来、9月にリリースされた待望のオリジナル・アルバムの大ヒットもあって8ヵ月にもわたりランクインし、全国の街中にあふれていた。

同じくNHK連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌で昨年から幅広い世代に親しまれていた楽曲「365日の紙飛行機」は、AKB48の楽曲の中で過去最高の年間2位にランクイン。

そのほか上位には、大ヒット映画『君の名は。』主題歌で共感を呼んだRADWIMPS「前前前世(movie ver.)」、NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソングをはじめ勇気づけられた安室奈美恵「Hero」、今年12月31日に解散することが決定となったSMAPの代表曲「世界に一つだけの花」がランクインするなど、心に響く歌詞とメロディが特に印象に残る今年のUSEN HIT J-POPランキングとなった。

2016年間 USEN HIT 洋楽ランキングは、週間1位を今年最多の7回獲得したフィフス・ハーモニー「ワーク・フロム・ホーム feat. タイ・ダラー・サイン」が堂々の1位となった。オーディション番組「Xファクター」US版から誕生したフィフス・ハーモニーの2作目に収録されたこの曲は、ガールズ・グループとしては10年ぶりの全米TOP10入りを果たし、YouTubeが発表した今年最も人気が高かったミュージック・ビデオにも選ばれている。

2位以下には、DNCEやヘイリー・スタインフェルド、ザ・チェインスモーカーズなど、今年デビューした新人や飛躍を遂げたアーティストが多くランクインしているのが、今年の特徴と言える。また、ジャスティン・ビーバーが3曲、テイラー・スウィフト、カーリー・レイ・ジェプセン、アリアナ・グランデらが2曲ずつ30位以内にランクインするなど、世界的な人気はもちろん、ポップ・アーティストが日本で圧倒的な支持を得ていることが窺える今年のUSEN HIT 洋楽ランキングだった。

2016年間 USEN HITランキング
http://music.usen.com/special/ranking2016/

2016年間 USEN HIT J-POPランキング1位:宇多田ヒカル コメント

デビューから18年にしての初の受賞がとても有難く感慨深いです。「花束を君に」は様々な状況や人に当てはまる曲にしたいという気持ちがあったので、自分の手から離れていろいろな場所、場面で流れたことを大変嬉しく思います。

2016年間 USEN HIT 洋楽ランキング1位:フィフス・ハーモニー コメント

2016年間 USEN HIT洋楽1位を頂き、有難うございます! 私達の大好きな日本の皆さんに「ワーク・フロム・ホームfeat. タイ・ダラー・サイン」を沢山聴いていただけたことを心から光栄に思っております。これからもフィフス・ハーモニーへの温かいサポートどうぞよろしくお願い致します。それでは、また皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

関連リンク

USEN

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。