体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

出張ビジネスマン必見! 福岡の朝は「ホテル イル・パラッツォ」の手作り九州料理でパワー充填!【福岡・春吉】

f:id:mesitsu_lb:20161118131355j:plain

朝からエンジン全開で仕事をするためには……

「ビジネスマンは朝が勝負。朝の時間帯をどう有効活用するかで1日の仕事の質が決まる」

おはようございます!

以前外資系に勤務していたこともあり、フリーになった今でも朝6時には目が覚めるメシ通レポーターの桂です。朝早く行動するクセをその会社でイヤというほど教え込まれました。だって朝7時からバリバリ働きますからね、あちらの人は。その分夕方はサッサと切り上げるので随分楽でしたが。

当時しつこく言われたのが冒頭のセリフ。朝、定時ギリギリに眠そうな顔で職場に行くと怪訝な顔で”指導”されました。そして、「朝食は必ず食べてくること。夕食よりも朝食にウエイトを置くこと」とも言われました。

さて、みなさんはしっかり朝食を食べていますか? 特に出張の多いビジネスマンは、ホテルだといつもと違うリズムになるので朝食抜きなんてことになっていませんか?

そこで今回は福岡に出張してくるビジネスマンのために、朝からパワーが付き、しかも驚くほど美味いホテルのモーニングをご紹介いたします。

デザイナーズホテル「ホテル イル・パラッツォ」

その激ウマなホテルモーニングを食べられるのは、春吉橋近くにある「ホテル イル・パラッツォ」です。ここは少し出張経費に余裕のあるエリートビジネスマンが頻繁に利用するデザイナーズホテルとして有名です。イタリアの建築家アルド・ロッシがデザインしたということで、個性的な外観がひときわ目を引きます。外観だけでなく斬新なデザインのインテリアも、さすがデザイナーズホテルといった趣です。

f:id:mesitsu_lb:20161118131358j:plain

春吉橋から見た「ホテル イル・パラッツォ」(写真左)。ちなみに夜はライトアップされておりキレイですよ。

各種ホテル予約サイトでもホスピタリティや内装・雰囲気などあらゆる項目で高評価をたたき出している福岡資本のホテルです。

庶民には縁がない高級ホテルかと思いきや、意外と安く泊まれたりするのでおすすめ度は高いです。

あ、ちなみに、今回レポートするモーニングはホテル宿泊者でなくても食べることができますのでご安心を!

モーニングは、1Fラウンジでいただきます

f:id:mesitsu_lb:20161118131401j:plain

正面入り口です。近くで見ると丸い柱がどこかの宮殿をイメージさせますね。

実は今日のために昨日の夕食を抜いていたので、お腹ペコペコの状態でホテルに到着。時間は朝7時。さすがに付近の人通りは少ないです。

正面玄関から入り、少し進んで右手にモーニングを食べることができるラウンジ「アンコムスト」があります。

f:id:mesitsu_lb:20161118131407j:plain

ラウンジ入り口。本日の朝刊が置いてあります。

f:id:mesitsu_lb:20161118131412j:plain

店内は間接照明とスポットライトを使った落ち着いた雰囲気。夜はラウンジとして使用している空間のため、やはりおしゃれ感満載ですね。ゆっくり大人のモーニングを楽しめそうです。

そしてこのホテルのモーニングの最大の特徴がこちら!

f:id:mesitsu_lb:20161118131416j:plain

「まるごと九州モーニングビュッフェ」です。

九州各地の食材を使い、沖縄を含む九州各県の名物料理をビュッフェスタイルで味わえるのです。写真にある通り、取材をした11月は大分県特集。大分の食材と料理を中心にしたラインナップです。

ホテル朝ごはんコンテストで毎年上位入賞している実力

実はこの「ホテル イル・パラッツォ」、某旅行サイトが実施している朝ごはんコンテストで毎年上位入賞を果たしている実力派なんですよ。

入り口付近にはその時に贈られた記念の盾がずらりと並んでいます。

f:id:mesitsu_lb:20161118131420j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。