体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題の「泊まれる本屋」が京都に誕生!「BOOK AND BED TOKYO 京都店」オープン

生活・趣味
話題の「泊まれる本屋」が京都に誕生!「BOOK AND BED TOKYO 京都店」オープン BOOK AND BED TOKYO 京都店

「泊まれる本屋」がコンセプトの宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」。昨年11月の東京店開業以降、新しいカルチャーとして注目を集めました。

そして今月、2店舗目が新たに京都にオープン!ブックセレクトは「恵文社一乗寺店」が担当しています。お気に入りの一冊とともに夜が更けるまで読書して、まぶたが重くなっていつの間にか眠ってしまう…。

そんな心地よい「寝る瞬間」を体験してみてはいかがでしょうか?

お気に入りの本と一緒に。幸せな「寝る瞬間」の体験を…

BOOK AND BED TOKYO 京都店

「BOOK AND BED TOKYO」内観(東京・池袋)

「ふかふかなマットレスも無ければ、低反発の枕も無ければ、軽く暖かな羽毛の布団も無い。最高な環境での良い寝心地は、ここにはありません」そう言い切れるのは、ここが「宿泊施設」として別の魅力を持っているから。BOOK AND BED TOKYO 京都店

「寝る瞬間」の体験がここにある

つい本に夢中になって気が付いたら真夜中だった、お気に入りのページを読み返しているうちにいつの間にか眠ってしまっていた…このような経験、皆さんにもあるのではないでしょうか?時間を気にせず好きなことをして眠るって本当に幸せな「寝る瞬間」ですよね。BOOK AND BED TOKYO 京都店

「最高の寝心地」ではなく「最高の寝る瞬間」を提供

「泊まれる本屋」をコンセプトに掲げる「BOOK AND BED TOKYO」では、常にそんな時間を用意してくれています。

しかも宿泊施設としては低価格。トイレやシャワールームは共同ですが、ゆったりくつろぎながら本を読めるロビースペース、本棚の中で眠るかのような客室は本好きには十分な魅力。もちろんWi-Fiフリー!

京都店では地ビールも楽しめる!

BOOK AND BED TOKYO 京都店
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会