体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ローマ旅行前に知りたい!現地の観光エリア別治安状況と犯罪対策まとめ

ローマ旅行前に知りたい!現地の観光エリア別治安状況と犯罪対策まとめ
Photo credit: Akiko Oda「スペイン&イタリア旅行★ローマ・ヴァチカン編」

Photo credit: Akiko Oda「スペイン&イタリア旅行★ローマ・ヴァチカン編」

こんにちは。Compathy Magazineライターのtokyo.comです。
歴史的建築物や芸術に溢れた街であるローマは、毎年多くの観光客が訪れる人気の観光地。しかし、旅行者がスリを始めとした軽犯罪に巻き込まれることも少なくありません。旅人にとって最も大切なことは身の安全。海外旅行の際には、予備知識として旅行先の観光地だけでなく治安情報を知ることも大切です。
今回は、ローマの治安状況と共に周辺観光情報について紹介します。知らない土地を旅するからこそ、楽しい時間を過ごすために自分の身を守るための対策を身に付けておきましょう。

関連記事:
「イタリア・ローマに行くなら外せない29のおすすめ観光スポット」
「ローマの空港ガイド〜市内アクセス・空港内施設&サービスの魅力を紹介!」
「ローマ観光の拠点に!テルミニ駅の基本情報と周辺のおすすめスポットまとめ」

ローマの治安は大丈夫? 気になる治安情報

ローマにおけるテロの心配は? 

ローマのテロに関する公式情報は、外務省発表の国・地域別の海外安全情報を渡航前に確認しておくと良いでしょう。注意喚起が必要な地域については、詳細が記載されるため不安な状態のまま渡航することがないようにするためにも、念のため確認したほうがよいかもしれません。
宗教儀礼や集会など、多くの人々が集まる場所でテロが発生する可能性が高いとされています。現在は、ローマに関する危険情報の掲載は無いので、テロの危険性も低いと言えるでしょう(2016年12月現在)。

もしローマでトラブルに巻き込まれたら

Photo credit: FaceMePLS via flickr cc

Photo credit: FaceMePLS via flickr cc

ローマ旅行時の急なトラブルに的確に対応するためにも、緊急連絡先を確認することをおすすめします。渡航前に、病院(救急車要請)と警察の緊急連絡番号を控えておくと慌てずに済むと言えるでしょう。
またパスポート紛失などのトラブルの際には、大使館や領事館に相談をすることで失効手続きるため、こちらもメモを取っておくとより安心ですよ。

病院(救急車要請)
電話番号 118

 

警察
電話番号 113

 

在イタリア日本国大使館
住所:Via Quintino Sella,60 ROMA
電話番号:06487991
窓口営業:月~金曜日
時間:9:30~12:45/14:15~16:30
公式サイト:在イタリア日本国大使館

ローマの地図マップ

気になるローマの有名観光スポット、地域(エリア)周辺の治安情報

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。