ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Google、Android版「Google Playブックス」にタブによるナビゲーション機能を導入

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google の電子書籍サービス「Google Play ブックス」の Android アプリが v3.11 にアップデートされ、アプリ UI にタブが追加されるなど、一部が刷新されました。前回から大きく変わったのは、アプリの下部に「ホーム」「おすすめ」「ライブラリ」のタブが追加されたことです。これにより、Google+ や Google フォトのようにタブの移動でアプリの主要な画面を切り替えることが可能になりました。Google Play ストアのアプリページによると、このタブは現時点では米国限定で提供されています。タブの追加により、スライドメニューの「ホーム」と「ライブラリ」は削除され、「ショップ」やダウンロード済み」「設定」だけが表示されるようになりました。今回の変更により、アプリを使っていて、時々画面をスライドしなければならないことが大幅に減ったので、操作がよりシンプルになったと言えます。Source : Android Police

■関連記事
MetaMoJi、「Su-Pen」シリーズの女性向けタッチペン「P201S-FT」を発表
ZenFone 3 Zoom(Z01HD)がFCCの認証を取得
ソフトバンク、大容量プランの月額利用料を最大1年間1,000円割り引く「学割ギガモンスター」を12月21日より提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。