ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

京都の“泊まれる本屋”で最高の“昼寝落ち”を体験!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


本屋好きなら一度は行ってみたい“泊まれる本屋”として話題の『BOOK AND BED TOKYO』京都店に、12月10日(土)から宿泊しなくても利用できる「デイタイムプラン」が登場した。

『BOOK AND BED TOKYO』京都店は“泊まれる本屋”。3200冊を蔵書している本棚の中で眠れる、本好きにはたまらない宿泊施設。窓からは八坂神社や南座などの京都ならではの風景も楽しめる、鴨川沿いのビル9Fにあるホステルだ。


京都店は12月2日(金)にオープンしたばかりで、東京には昨年11月にオープンした池袋店がある。CNNやThe Huffington Postなどでも紹介された、世界的にも注目度の高い宿泊所。

「デイタイムプラン」は13:00~17:00の時間帯に、人気の『BOOK AND BED TOKYO』の雰囲気を楽しめる気軽なプラン。宿泊ではないが、ソファーで本を読みながら“最高の昼寝落ち”を体験するのもOK!


予約なしで1時間ごとに税抜500円、フリータイムは税抜1500円で利用することができる(※シャワー、個室は利用不可)。

宿泊するほど時間はないけど『BOOK AND BED TOKYO』を楽しんでみたいなら、ぜひ「デイタイムプラン」を利用してみて。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。