体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

凍らせただけなのに全然違う! 冷凍卵を家で作る簡単な方法

f:id:naruse_e:20160831193029j:plain

みなさんこんにちは、メシ通ライターの藤田佳奈美です。今回ご紹介するのは、ちょっと前にブームになった「冷凍卵」。もちもちとした食感とアレンジの幅の広さは、ズボラな男性こそ覚えておいてほしいマストレシピです。本当に簡単にできるので、早速作り方をご紹介します。

冷凍卵の作り方

家で冷凍卵を作るには、卵を殻のままジッパーつき食品保存袋に入れたら冷凍庫にしまいます。はい、これだけです。後は完全に凍るまで3時間~一晩寝かせます。

さて、完成したものがこちら。

f:id:naruse_e:20160831192912j:plain

ヒビが入っている以外、見た目の変化はありません。しかし、殻をむくと半透明の卵がでてくるんです。これがけっこう感動する仕上がりなのですが……なんと、ここで私、写真で抑えておくことをすっかり失念しておりました……。お手数おかけしますが、ググっていただけますと幸いです。

f:id:naruse_e:20160831192936j:plain

これは殻をむいてから2時間ほど寝かせたもの。ご覧の通り、白身は普通の生卵の状態のようです。が、注目してほしいのは、黄身!

f:id:naruse_e:20160831192952j:plain

ほら、まるまるとしていますよね。これは鮮度が高いとれたて卵ならではのハリ感……ではなく、凍らせたことによって丸い固形物に進化を遂げたのです! その姿はまるで鶏のきんかんみたい。

f:id:naruse_e:20160831193002j:plain

ご覧の通り、フォークで刺しても黄身が崩れません。とはいえカチコチに固まったわけではなく、もっちりした感触です。さて、この黄身をどうやって食べるかというと……。

冷凍卵の定番レシピはこれだ!

f:id:naruse_e:20160831193029j:plain

ごはんの上に黄身をドーン!

そして醤油をたらせば、そう、いわゆる“TKG”です。

普通のTKGは黄身をかき混ぜ、ごはんと絡ませて食べますよね。ところが、この冷凍卵バージョンは黄身が固形物として居座り続けるため、黄身をおかずにごはんを食べているような感じ。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会