ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「THE TIMERS スペシャル・エディション」発売記念イベント開催、新たなるレコーディング秘話等が語られる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「THE TIMERS スペシャル・エディション」発売記念イベント開催、新たなるレコーディング秘話等が語られる

(左から)高橋ROCK ME BABY、杉山章二丸、山本キヨシ
12月12日、東京・神田錦町のテラステーブルで、「THE TIMERS スペシャル・エディション発売記念 トークショー&秘蔵映像上映会&オフ会」が開催された。

アルバムに1万字のライナーノーツを寄せた元東芝EMI社員・高橋ROCK ME BABYが冒頭にマイクを持ち、「ガツーンと盛り上がって参りましょう。今日は忘年会」と宴をスタート。

権利の関係で今回の商品への収録を涙ながら諦めた秘蔵映像(1989年横浜市立大学園祭当日出演キャンセルのステージ上での主催者女子大生涙の声明、タイマーズの初ライブの富士急ハイランドのラブ・ミー・テンダーなど)が上映された。

予約の段階で満員御礼となった会場には長年のファンが集結し、フードコートという会場の雰囲気も手伝い、拍手喝采連発のイベントとなった。

イベント中盤ではスペシャルゲストとしてTHE TIMERSのメンバーだった杉山章二丸、そして、ギターテックとしてTHE TIMERSにかかわっていた山本キヨシが登場。

CM等でも話題の楽曲「デイドリーム・ビリーバー」のレコーディング中には、イアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズのドラムのチャーリー・チャールズが訪ねてきて、彼が叩いたVersionが存在したり、何十テイクも録音されたものの、結局使ったのはワン・テイク目だったなどのエピソードが披露された。

またMOJO CLUBとTHE TIMERSで1日3校の学園祭を回り、計6ステージを演奏したエピソードも飛び出し、あまりの強行スケジュールに大学間の移動の間にギターの弦を張り替えたりするほどだったとのこと。ただ関わっていた杉山、山本ともに疲れは感じず楽しかった思い出だけが残っているとコメントし、イベントは終了した。

関連リンク

THE TIMERS レーベルオフィシャルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/the-timers/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。