ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

菅田将暉が舐めるものとは――? 古屋兎丸原作の映画『帝一の國』挑戦的なポスタービジュアル公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
菅田将暉が舐めるものとは――? 古屋兎丸原作の映画『帝一の國』挑戦的なポスタービジュアル公開

 2017年GWに公開となる映画『帝一の國』の第一弾ポスタービジュアルが公開された。

映画『帝一の國』ポスター

 原作は、集英社『ジャンプSQ.』で2010年~6年間連載された古屋兎丸による同名漫画。美麗な作画と、異色の物語に漫画ファンが熱狂し、2014年には舞台化もされて絶大な人気を博した。

 続く実写映画版の主演は、いま最も勢いのある若手トップ俳優・菅田将暉。原作ファンだったという菅田は「読んでいた頃から、この役は自分が演じるためにあるんじゃないかと感じていた」と熱く語る。また、帝一のライバルとなる超個性的な生徒の面々を演じるのは、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大ら主役級の若手俳優陣。さらに永野芽郁、吉田鋼太郎らが共演する。監督は『ジャッジ!』(14)『世界から猫が消えたなら』(16)など話題作を手掛けてきたCM界の鬼才・永井聡。脚本は『ROOKIES』のいずみ吉紘が担当する。

 舞台は生徒会長をつとめたものには将来の内閣入りが確約されているという、日本一の超名門・海帝高校。「総理大臣になって自分の国を作る」という野心を持って、首席で入学した新1年生・赤場帝一(菅田将暉)。公開されたポスターは、「靴を舐めて、勝つ。」と、射抜くような視線で今にも靴を舐めようかという、生徒会長になるためなら何でもやる男・帝一の姿が挑戦的、かつ、インパクト特大なビジュアルとなった。

 なお、このビジュアルは、本編のクランクイン前にポスター用として特別に撮影されたもの。ポスターは12月17日より全国の映画館で順次掲出される予定となっている。

◎映画『帝一の國』
2017年GW公開

関連記事リンク(外部サイト)

小松菜奈/菅田将暉/上白石萌音ら登壇! 映画『溺れるナイフ』完成披露試写舞台挨拶で語られた過酷な夏の17日間
小松菜奈&菅田将暉のラブラブシーン満載! ドレスコーズによる『溺れるナイフ』主題歌MV公開
菅田将暉 映画『キセキ ーあの日のソビトー』から“グリーンボーイズ”としてCDデビュー&ライブ出演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。