ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【米ビルボード・チャート】レイ・シュリマーが首位をキープ、ストーンズ新作が最多37作目TOP10入り(12/24付)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・チャート】レイ・シュリマーが首位をキープ、ストーンズ新作が最多37作目TOP10入り(12/24付)

 遂に5週目となる米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”首位をマークしたレイ・シュリマーの「ブラック・ビートルズ feat.グッチ・メイン」。

 “マネキン・チャレンジ”のトレンドが鎮火しつあるものの、今週も1位をキープしたレイ・シュリマー。引き続きデジタル・ソング・セールス、ストリーミングでは1位を死守しているものの、先週から10%ダウンとなったストリーミング数3800万回のうち2340万はYouTube、そして960万はSpotifyにおいてのストリーミング数となっている。一方、エアプレイはさらに上昇し、先週9位からワンランクUPの8位となった。

 今週初TOP10入りを果たしたのは、マシン・ガン・ケリーとフィフス・ハーモニーのカミラによるデュエット「Bad Things」。オフィシャル・ビデオの解禁、さらに2人が夜の人気TV番組でパフォーマンスを披露したことに後押しされ、デジタル・ソング・セールスでは3位、ストリーミングも50%上昇し12位をマークした。

 来週は、テイラー・スウィフトとゼインのコラボ・トラックやワン・ダイレクションのルイのソロ・デビュー曲が上位にチャートインすることが予想される。

 アルバム・チャート“Billboard 200”は、【トニー賞】最多11部門を受賞し、絶大な人気を誇るブロードウェイ・ミュージカル『ハミルトン』の『ザ・ハミルトン・ミックステープ』が1位に初登場。従来のアルバム・セールス16.9万枚に、ストリーミングを換算するSEA、収録各曲の売り上げをアルバムの売り上げとして換算するTEAを加え、18.7万ユニット以上を記録した。コンピレーション・アルバムの初動枚数としては、2012年の『GOOD Music Cruel Summer』以来の記録となっている。今作には、ジョン・レジェンド、ケリー・クラークソン、ウィズ・カリファなどが参加している。

 また、11年ぶりとなるスタジオ・アルバムとなった、ザ・ローリング・ストーンズの『ブルー&ロンサム』は4位に初登場。同チャート史上最多となる37作目のTOP10入りとなった(次点はバーブラ・ストライサンドの34作)。『ブルー&ロンサム』は、12.3万ユニットをマークしており、そのうち12万枚が従来のアルバム・セールスとなっている。

◎米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100” TOP10(12/24付)
https://youtu.be/HgawjaSw91U

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・チャート】レイ・シュリマーが4週目の首位、収録曲すべてがチャートインしたザ・ウィークエンドはALチャート初登場1位(12/17付)
自身初の全米1位をマークしたレイ・シュリマー&敏腕プロデューサーが喜びを語る「想像できなかったし、夢にも思っていなかった」
【祝!2作連続全米1位獲得】異能かつ異色ながら、ミリオン・ヒットを生み出す天才=ザ・ウィークエンドの軌跡

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。