体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「2016 FNC KINGDOM IN JAPAN」開催、FTISLAND、CNBLUEらが5時間の大熱演

「2016 FNC KINGDOM IN JAPAN」開催、FTISLAND、CNBLUEらが5時間の大熱演

FTISLAND、CNBLUEらが所属するFNC Entertainmentが主催する音楽フェスティバル、「2016 FNC KINGDOM IN JAPAN – CREEPY NIGHTS -」が、12月10・11日の2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場で開催された。

4回目となる今年は、「CREEPY NIGHTS=身の毛もよだつ夜」というタイトル通り、会場は荒廃した城をイメージしたホラーな雰囲気。城に幽閉された魔女に仲たがいをする魔法をかけられたFTISLAND、CNBLUE、AOA、N.Flying、SF9、HONEYSTら6グループが、FNC KINGDOMの王座をめぐり競い合うというコンセプトで開催された。

怪しい城の暗闇の中に、黒のスーツで黒いグランドピアノを弾くFTISLANDのジョンフン、白のスーツで白いグランドピアノを弾くCNBLUEのヨンファが浮かび上がると、FNCを代表する2グループのリーダーによるレアなピアノ連弾でライブは幕開け。オープニングには黒いマントを被ったアーティストがグループごとに登場し、長いセンターステージに6グループが揃うとホンギ(FTISLAND)とヨンファ(CNBLUE)のふたりによる「Are You Ready?」(ヨンファ)、「ヨロシク!」(ホンギ)という掛け声で開会宣言が行われた。

今年、ニューカマーとして登場したのは、SF9とHONEYST。昨年のFNC KINGDOMで初パフォーマンスを行ったFNCの次世代新人発掘システム「NEO SCHOOL」(通称NEOZ)のメンバー13人だ。ダンスとバンド2チームに分かれ、デビューサバイバル番組でのバトルを経て、ダンスチーム9人がFNC初の男性ダンスボーカルグループSF9として10月にデビュー。4人がバンド、HONEYSTとしてデビューを目指しインディーズ活動を行っている。特にデビューしたばかりのSF9は日本初お披露目の場として注目され、昨年NEOZとして披露した「K.O.」と、デビュー曲「Fanfare」の2曲を全力でパフォーマンスし、初々しい姿を見せた。

グループを超えたコラボレーションや、普段見られないソロステージが見られるのもFNC KINGDOMの特徴。AOAのステージでは、T.M.Revolutionの西川貴教とのコラボ曲「愛をちょうだい」の西川パートにFTISLANDのホンギがいきなり登場。そのパワフルな歌声とサプライズの豪華コラボに会場も大いに盛り上がった。

また、FTISLANDのホンギ、CNBLUEのヨンファ、ジョンヒョンというソロ・アルバムをリリースした3人が2曲ずつのソロステージを行ったが、うち1曲は新人グループ、SF9メンバーとのコラボレーション。ホンギの「Kings for a day」ではロウンとテヤンが一緒に歌ったが、ホンギ自ら通訳をしながら感想をきくなど先輩らしさを見せた。

ジョンヒョンの「Pinacolada」にはインソン、ジェユン、ダウォン、フィヨンがダンサーとして参加し、かわいらしいダンスを見せた。ヨンファは「Mileage」のラップパートにヨンビン、チャニを迎え、さらに「3人で猛練習した」というフォーメーションダンスまで披露。

さらに、FTISLANDのジョンフンが初のKINGDOMソロ・ステージに挑戦。ファンミーティングで大ウケした浦島太郎(桐谷健太)の「海の声」をカヴァーしたが、三線を持ちながら感情を込めて歌う彼の貴重なステージにファンも大満足の様子だった。

ヘッドライナーは、1日目を日本メジャーデビュー5周年のアリーナツアーを終えたばかりのCNBLUE、2日目をアジアツアーの台湾公演を終えたばかりのFTISLANDが交代で務めたが、セットリストを2日間ガラリと変え、両日印象の異なるステージを展開。

毎年日本でアリーナツアーを行っている彼らだけあって、カラーの違う2組のバンドであるが“ライブで盛り上げる”ことに関しては超一級。どのグループのファンであってもグルーヴのある音楽の前では、思いっきり身体が動いてしまう。そんな音楽の素晴らしさを味わわせてくれた。

CNBLUEは5周年記念ツアーで披露した彼らの歴史を彩るライブのテッパン曲のオンパレードで2日間を構成。「今年最後のライブ。皆さんがいるからいいライブになるはず。最高のライブを作りましょう!」と全力で歌い走りまくるヨンファに煽られるように、ファンも「Wake up」でヨンファが弾くギターのメロディーを追いかけて歌ったり、「YOU’RE SO FINE」ではコーラスを歌ったり、バンドとファンが音楽でつながる一体感を体験できるエンタテイメント色の強いライブを展開した。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。