ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Huawei、新フラッグシップ「Mate 9」の国内版を発表、12月16日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Huawei の日本法人は 12 月 13 日、同社の先進技術を集約した大画面の新フラッグシップスマートフォン「Mate 9」を国内向けに発表しました。価格は 60,800 円 + 税で、12 月 16 日に V モールや MVNO 各社より発売されます。Mate 9 は、Huawei の Android ファブレット製品「Mate」の最新モデルで、新 SoC や性能改善用の学習アルゴリズムの搭載による性能の高さ、ライカと共同開発したダブルレンズカメラによる優れたカメラ性能・画質、4,000mAh バッテリーと新開発の急速充電機能「Super Charge」による長時間のスタミナを実現したのが大きな特徴です。ディスプレイは 5.9 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの液晶を採用しており、この画面サイズながらも横幅は 78.9mm とスリム。カラバリはムーンライトシルバーとシャンパンゴールドの 2 色で、他のカラバリは投入されない模様です。プロセッサには Hisilicon 新開発の製オクタコアプロセッサ「Kirin 960」を採用。新たに導入されたパフォーマンスの劣化を防止する学習アルゴリズムにより、性能劣化を軽減しています。OS は Android 7.0 Nougat を搭載しており、カスタム UI については「EMUI 5.0」にバージョンアップされています。EMUI 5.0 では AOSP ベースのシンプルな UI を採用したのが特徴です。Mate 9 の SuperCharge では 1 日分の使用バッテリー量をたった 20 分で充電できるとされています。Mate 9 のカメラは P9 のようにライカ共同開発のデュアルカメラを搭載しています。メインカメラは 1,200 万画素で、深度計測用に 2,000 万画素のモノクロカメラが組み込まれています、OIS や 4K 撮影も可能です。前面には F1.9 レンズ付きの 800 万画素カメラを搭載しています。Mate 9 の国内モデルはデュアル SIM 版で、3G と LTE の同時利用にも対応しています。このほか、4GB RAM、64GB ROM、Micro SD カードスロット(最大 256GB)、指紋リーダーなどを搭載し、USB コネクタは Type-C を採用しています。Huawei は国内モデルを正規ルートで購入した方を対象に、購入後 90 日以内に限り画面が割れた場合に無償で新品と交換する VIP サービスを提供します。

■関連記事
Lenovo、「YOGA Tab 3 Pro 10」のスペック強化版と新型タブレット「YOGA Tab 3 Plus」を国内発売
AndroidとChrome OSは今後も独立を維持? Lockheimer氏がインタビューの中で言及
「Xperiaホーム」が10.2.A.2.10にアップデート、リクエストの多かったグリッドサイズの変更が可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。