体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京大学】学食にお寿司屋さんがある研究所【学食巡礼】

f:id:Meshi2_IB:20161026193111j:plain

寿司が好きだ。

f:id:Meshi2_IB:20161026193115j:plain

海鮮丼も好きだ。食べちゃいたいくらいさ。

マジなお寿司屋さんが学食になっている

なんと寿司が食える学食。

というか本格的なお寿司屋さんが学校の中に入って学食になっている。

しかも500円で旬の海鮮が味わえる、ワンコイン丼がランチとして提供されている。

それは東京大学である。

そんな話を聞いたら行くしかないでしょう。

誰にその話を聞いたかというと、早稲田大学学食研究会さんです。

我々は東大へ一直線に向かった。つくばエクスプレスで。

お寿司屋さんのある研究所

f:id:Meshi2_IB:20161026193102j:plain

東京大学柏キャンパス大気海洋研究所。早口言葉みたいなので思わず口に出したくなるワードですね。リズムもいい。

つくばエクスプレスの柏の葉キャンパス駅からバスで10分くらいの場所にあります。東大と言っても本郷でも駒場でもない。千葉県の柏市なのです。

ここの1階部分に本日お目当のお寿司屋さん「お魚倶楽部 はま」がお店を構えているのです。

f:id:Meshi2_IB:20161026193103j:plain

こちらは東京大学の研究所の中にあって「学食」として機能しており、学生向けの500円ランチもあれば、夜はお酒も飲めるお寿司屋さんにもなるんです。

まさに夢のような学食。

f:id:Meshi2_IB:20161026193120j:plain

彼が店長、もとい、大将の濵 弘泰さん。70歳を越えて元気にお店を切り盛りするパワフルな板前さんです。

大気海洋研究所が東京の中野にあったころに、近くで「食と肴の旅」というお店をやっていたのよ。研究所にお得意さんがいてね、大気海洋研究所が柏に移設される時に「学食の業者の入札をしてるけどどうだ」って誘われて、入札したら受かっちゃったんだよね。

そのお得意さんたちは、なにしろ海洋研究をしているくらいなので魚をよくわかってくれる方たちだったといいます。

だから濵さんもついていこうと思ったのでしょう。そのほうがおもしろそうだと。

学食ってレベルじゃねえ握り寿司

f:id:Meshi2_IB:20161026193111j:plain

12貫握り(980円)。ちなみに内容がちょっと違うランチ握りもあって、そっちは840円です。ホントにここは学食かと。寿司下駄に乗ったマジな寿司なんですよ。

寿司をいただきながら濵さんのお話をうかがいましょう。

全国から魚を仕入れていたのね。タイとかヒラメとかそういう有名なのじゃなく、漁師さんが自分たちでおかずにしているような、あまり知られていないような魚にすごく興味があったので。発泡スチロールに2、3匹しか入ってなくて、それを集めてひと山というのを買っていて。こんな小さいノドグロもあります、こんな小さいキンキもあります、一貫しか握れません、みたいな魚をすごく手をかけて出してて、喜ばれていたのよ。そっから始まって、知らない魚をもっとみんなに楽しんでほしいというのがオレの気持ちだったのね。

寿司を主食にしたい

f:id:Meshi2_IB:20161026193112j:plain

寿司を主食にしたいというイメージがあったのね。寿司でお腹いっぱいになるって、回転寿司ができる前はなかったじゃないですか。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。