ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【香港最新レポ】 写真撮り放題! レトロな香港式純喫茶のスターバックス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

DSC_1574
スターバックスが好きなら、旅先にあるスターバックスのお店もぜひ訪れたいところ。香港には数多くのスターバックスがあり、その中でも、香港のビジネスの中心地・中環(セントラル)の都爹利街にある店舗「星巴克冰室(Starbucks Duddell Street)」はコンセプトストアの1つで、観光ついでにおすすめです。
香港島にある中環のビジネス街やショッピングモールを抜け、坂道の階段を登っていく途中にお店があります。店内に入るとまず、昔の香港をテーマとした雰囲気に思わずタイムトリップした気分にテンションが上がること間違いなし。
DSC_1578
通常、スターバックス・コーヒーは広東語で「星巴克珈琲」ですが、このお店は珈琲ではなく“冰室(ビンサッ)”。この冰室とは喫茶店を表す言葉の1つで、いわば香港式純喫茶のようなもの。だから、店内もちょっとレトロな雰囲気になっています。お店のメニューは、香港にある他の店舗とほぼ同じですが、日本にはないエッグタルト、パイナップルパンなどがあるのも、旅行者にはうれしいポイント。厚切牛油菠蘿包などは、この店舗限定のメニューです。
店舗をデザインしたのは、香港で有名なインテリア・雑貨ショップのG.O.D.です。昔の香港を彷彿させるポスター、メニュー、レトロな扇風機やテレビなどが、1950年~70年代ごろに流行した冰室の雰囲気を漂わせています。天井や床のタイルなどもなかなかおもしろい。
DSC_1571
店内は、地元の人よりも、若い観光客のほうが明らかに多く、皆、カメラやスマートフォンを片手に、店内をあれこれと撮影する光景が見られました。通常、スターバックスの店舗でパシャパシャと撮影するのは気が引けるものの、このお店ではまったくOKで、半ば“写真撮影会”のようでした。
香港国際空港へ直通の、空港鉄道の中環駅から歩いて10~15分ほど。香港での乗り継ぎ時間にも少し余裕があれば立ち寄ることができるスターバックスです。
DSC_1582
<参考記事>昔の香港にタイムトリップできる「スタバ」テーマカフェhttp://www.nicheee.com/archives/2066689.html
Starbucks Hong Konghttp://www.starbucks.com.hk/
(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】

水と緑が感じられるオアシス 福岡大濠公園のスターバックスに行ってきた
青森・弘前のスタバがステキ! 元陸軍官舎で大正ロマンの香りただよう
大宰府のスタバ 日本で1、2を争う人気店舗は隈研吾氏デザイン

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。