体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジンジャー、ハンダ付けを初めて目にする―にゃんてっく☆やせないアイツとESP8266【vol2】

いよいよ電子工作開始

きょろ
「猫たちもお腹いっぱいになったようだし、さっそく再開しよう!」

▲満足そうなバジル(左)と、お腹を出して熟睡しているジンジャー(右)

こんにちは、はとね(@hatone)ときょろ(@kyoro353)です。

前回はパーツを並べたところであっけなく終わってしまいましたが(おなかを空かせた猫が大騒ぎだったので)、いよいよ電子工作の開始です。

今回使うESP-WROOM-02は、Arduinoと同じ開発環境&コードが動くスグレモノのW-Fi内蔵マイコンモジュールですが、この子はあくまでWi-Fiモジュール。

Arduinoのように買ってきてUSBケーブルでさくっとPCと繋いでスケッチ(Arduinoのプログラムコードのこと)を転送!というわけにはいきません。

PCとUSB経由でシリアル接続する部分や、電源周りなんかを簡単に用意してあげる必要があります。

ということで、必要な回路をブレッドボード上に組んでいきましょう。

使用するパーツは以下のとおり。

▲秋月電子のESP-WROOM-02+DIP化キット、LED(青)、USBシリアル変換モジュール、ジャンプワイヤー(オス-オス)、ブレッドボード

ブレイク
ブレッドボードはあらかじめ縦、横の穴が内部で配線されており、パーツの足を穴に差し込むことで回路を組むことができる試作用の基板だ。はんだ付けが不要で、簡単に試行錯誤しながら回路が組めることから、電子工作によく使われる。

きょろ
「ESP-WROOM-02のキットにピンヘッダが同梱されているので、まずはこのピンヘッダをESP-WROOM-02モジュールに取り付けて、ブレッドボードに差し込めるようにしよう」

▲ESP-WROOM-02とピンヘッダ

きょろ
「ブレッドボードをハンダ付けの補助に使おう。先に長い方のピンをブレットボードに差してから、上からモジュールを短い方のピンに挿す。その状態でハンダ付けをすると楽だよ!」

▲ブレッドボードにピンを差し込む(足の長いほうをブレッドボード側に)

ピンヘッダの高さの分、ブレッドボードとESP-WROOM-02に隙間ができるので、何か隙間を支えるものを挟むと更に安定してハンダ付けがやりやすくなります。

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。