ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

子供を育てるのに必死な塗装職人が、わずか3日目で会社を辞めた理由

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今回お話を伺ったのは、お笑いコンビ「ブギープレデターズ」の栗原さん。過去に塗装職人をしていたという栗原さんが現場で遭遇した「とんでもない事件」とは!?

SONY DSC

有限会社ですらない小さな塗装屋

少し前に、お笑い芸人をする傍らで塗装職人をしていたという栗原さん。働いていた塗装屋は、それはちっちゃい会社で、株式も有限もついていない、個人事業主としてやっているような小さな会社だった。朝はものすごく早くて、夜はものすごく遅い、キツい会社だった為、従業員の入れ替わりも激しかった。その上、社長が気が短く、すぐキレてしまうタイプの人間だった為、「入ってもすぐ抜けていく」人間が多かった。そういう環境の中で、栗原が一番長く勤めてたいたそうだ。

久しぶりの新入社員

ある時、社長が「新しい人が欲しいから、ちょっと面接をしよう」と言い出し、栗原さんはその面接に同席した。その時にやって来たのが、元々他で職人をやっていたという方で、「子供が出来て、新しい生活を始めたいけれど、仕事が中々見付からない」という時期だったらしく、栗原さんたちの塗装屋の募集を見て、すぐに応募したという。面接をして、「じゃあ、明後日からお願いします」という感じで、その方はすぐに採用された。そして、会社があるその付近に引っ越してきた。

違う意味で「すぐ抜けていく」

その人が現場に入りだして3日目、相模原の方で現場をやっていた栗原さんたち。お昼の休憩になり、コンビニでご飯を食べていた所、その人にいきなり電話が掛かってきた。電話に出た瞬間のその人を顔を見たら、何やら重たい顔をしている。「もしかして、ご家族に何かあったのかな?」と推測した栗原さんを余所に、その人はかなり焦った表情で「すいません。今、先輩が近くに来ていて、ちょっと一回行ってきます」「すぐ戻るんで、10分ぐらいで戻るんで」と言ってコンビニから走って出て行った。作業の人手も不足している為、栗原さんはその人の帰りを待ったが、20分待ってみても30分待ってみても帰ってくる気配はなく、なんと、その人はそのまま、忽然と姿を消してしまった。そして、今現在も、どこで何やっているかも分かっていないそうだ………

0334

久喜に拉致される

これは、その後に栗原さんが社長から聞いた話なのだが、過去にその人が友人たちと一緒に、横浜かどこかの居酒屋で飲んでいた時に、同じ店に、明らかに堅気じゃなさそうな人がいたらしくて、その人たちを見て笑ってしまい、笑い話にしていたのだという。それから、その人たちが居酒屋出た後に、何分かしたらまた店に戻ってきて、そのまま、その失踪した職人を車に詰め込んで、埼玉の久喜へと拉致したそうなのだ。

 

その人は「久喜に拉致されて一週間ぐらい床下に監禁されたことがあるんです」という話を社長にしていたらしく、ここからは完全な憶測だが、その人はそれ以来、一度拉致された堅気じゃない人たちに目を付けられてしまい、何かしらのヤバい仕事を手伝わされたりしているのではないだろうか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。