ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

VRコンテンツの基本はYouTubeにある360度動画

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
VRコンテンツの基本はYouTubeにある360度動画

2016年、映像業界に旋風を巻き起こしているVR(virtual reality)。VRゴーグルを用意すれば手軽にVRが楽しめます。とはいえ、VRはコンテンツがなければ楽しめません。そして、VRコンテンツの基本はYouTubeにある360度動画。約600以上のVRコンテンツが配信されています。

VRコンテンツならYouTubeアプリ

動画共有サイトの定番「YouTube」には、360度のパノラマ動画が豊富に揃っています。しかも、その多くが最新のVRコンテンツに対応。VR専用ゴーグルを使うことで、自分の視点に合わせたVR空間を堪能できます。

YouTubeアプリのVRコンテンツは世界中の絶景に加え、ジェットコースターやスポーツの試合、ホラー映像など、まるでその場にいるかのような臨場感満載の映像を無料で楽しめます。

VRコンテンツを探す方法は、YouTubeアプリで検索ワードに「360度動画」と入力。アドベンチャー・ホラー・遊園地など、さまざまなジャンルのVRコンテンツがヒットします。

VRコンテンツはゴーグルマーク

YouTubeアプリで動画を再生後、VRコンテンツは操作表示アイコンの中にゴーグルマークがあるのでタップ。すると、画面が2画面に分割されます。VRゴーグルにスマホを装備すれば、立体感のある映像を楽しめるというわけです。

YouTubeのVRコンテンツは、ジャンルごとに分かれて約600以上の動画が配信されています。具体的には10分31秒の「STAR WARS(オリジナル短編作品)」や、2分01秒の「エクソシスト(オリジナル短編作品)」などです。

このほか、1分28秒の「クラッシュ・オブ・クラン(オリジナル短編作品)」や、8分38秒の「永島優美アナのヴァーチャルお忍びデート」、4分10秒の「スカイダイビング」など豊富にVRコンテンツが揃っています。

関連記事リンク(外部サイト)

ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。