ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

“飲んだら乗るな”!皮膚に貼る小型アルコール検知パッチが登場!一目で血中アルコール量がわかる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ONUSblue2016年も終わりに近づき、これから忘年会のシーズンを迎えるが、飲みすぎには気をつけたいもの。もちろん飲酒運転は厳禁。

・皮膚に貼るアルコール検出パッチ

アメリカのDermaTecというスタートアップが、世界初となる、色の変化で識別可能なアルコール検知パッチ「ONUSblue」を開発中で、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付している。

これは、被験者の皮膚に直接貼るタイプのパッチ型ツール。喫煙者のリコチンパッチと同じような感じだ。

・アルコール量が多いと、色が暗く変化

ONUSblue2パッチは着用者の汗の成分を分析。含まれるアルコール量に応じて、パッチのカラーが変化する。

カラーはホワイトから濃いダークブルーまであり、ブルーの色が暗くなればなるほど、アルコール分量が多いことを示す。

数値で聞いてもピンとこないかもしれないが、今実際自分がどれくらい飲んでいるのか、目に見えるかたちでわかりやすく教えてくれるというわけ。

・検査の痛みもなく、コストも安い

ONUSblue3パッチはウォータープルーフ仕様で水に強く、検査で痛みを感じることもない。しかも、コーヒー1杯分のコストよりも安いという。

法律の取り締まり、医療関係、職場での安全管理などの分野で役立ちそうだ。“飲んだら乗るな”。これがまず鉄則である。

ONUSblue

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。