体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

連載第1弾!ラーメン官僚が推す山手線沿線の激ウマラーメン店10軒~前編~【東京】

連載第1弾!ラーメン官僚が推す山手線沿線の激ウマラーメン店10軒~前編~【東京】 ライオンのいるサーカス

日本の首都・東京の都心部における大動脈の役割を担うJR山手線は、品川駅を起点とし、29の駅を環状に結ぶ全長約35kmに及ぶ路線。

29駅のうち、渋谷駅、新宿駅、池袋駅、上野駅、大崎駅は、日本経済を支える一大拠点である副都心の「玄関口」であり、とりわけ、渋谷、新宿、池袋は、それぞれのエリアだけで3桁に及ぶラーメン店を擁する日本屈指のラーメン激戦区となっている。

また、これら以外にも、高田馬場、秋葉原など、若者人口が多いという特性から、副都心と肩を並べるほどのラーメン激戦区として名を馳せるエリアも存在する。

この記事では、そんな山手線沿線のラーメン店の中から、自信を持っておススメできる優良店を、厳選してご紹介する。

山手線沿線には名だたる実力店がひしめいており、到底1回では紹介し切れないことから、2回に分け、今回は「前編」として、同路線の起点である品川駅から、渋谷駅、新宿駅を経て、池袋駅までのエリアから、10店舗を取り上げてみた。

1.【品川】『元祖ニュータンタンメン本舗品川店』が繰り出す「タンタンメン」は、川崎のソウルフード

JR品川駅から歩くこと約1~2分。功成り名遂げた、ラーメン・丼の全国的な有名店が一堂に会するフードテーマパーク『ラーメン・どんぶりの品達』の一画に、こちらの『元祖ニュータンタンメン本舗品川店』は軒を構える。

元祖ニュータンタンメン本舗品川店

同店は、神奈川県・川崎で生まれ、同地のソウルフードとして多くの人々から愛され続けている「ニュータンタンメン」の専門店。

「担々麺」の名こそ冠するものの、味の構成は、一般的な担々麺とは全くの別物。元祖ニュータンタンメン本舗品川店

メニュー名:タンタンメン(中辛)

塩ベースの清湯スープに、大量の挽き肉・ニンニク・溶き卵を搭載し、粗挽きの一味唐辛子を水面に浮かぶ紅葉のごとく散りばめた1杯は、挽き肉・ニンニク・溶き卵のうま味と一味の辛味とが、舌上で縦横無尽に交錯。思わず頬が落ちそうになる感覚が味わえるはずだ。

シンプルな構成であるにもかかわらず、どうしてここまで惹きが強いのか。是非、足を運び、自らの舌で答えを探し出していただきたい。 元祖ニュータンタンメン本舗品川店

TEL/03-5422-7780

住所/東京都港区高輪3-26-21 品達フードテーマパーク

営業時間/11:00~23:00(LO:22:30)

定休日/無休

2.【五反田】『いつものねかせ屋』の1杯が描き出す、店主が歩みし40年のラーメン史

2005年に千駄木の地に創業し、瞬く間に大行列店に成長した、伝説的名店『つけめんTETSU』。

『TETSU』が繰り出す1杯は、同店の創業者である小宮店主がアラサーだった当時に、自らが食べたいと考える味を具現化したものだが、それから10余年の歳月を経て、「店主が今食べたい味」を追究したラーメンを提供するのが、2016年3月にオープンした『いつものねかせ屋』だ。

いつものねかせ屋

麺のみならず、スープにも丹念に熟成を加える(ねかせる)のが、屋号の由来。

羽毛のように優しく喉元を刺激する極太自家製麺は、「超」が付く多加水仕様。いつものねかせ屋

メニュー名:「逸物(いつもの)」

アゴ(飛魚)・昆布・椎茸等を丁寧に煮込んだスープは、熟成を経ることで、それぞれの素材から湧き出したエキスがスクラムを組み、熱気球のエンベロープのように膨らみ豊かなうま味とコクを演出。スープの容貌を引き締める生姜と柚子皮の涼感も、この1杯の個性を彩る名キャスト。

まさに、「逸物(いつもの)」の名にふさわしい秀作だ。 いつものねかせ屋

TEL/03-5719-6115

住所/東京都品川区西五反田2-26-3桔梗ハイツ102

営業時間/11:30~14:00、17:30~21:00

定休日/土曜・日曜

3.【目黒】「柚子塩」≠柚子+塩。『麺や維新』の柚子塩がもたらす、ラーメンジャンルの構造改革!

「『柚子塩らぁ麺』は、柚子ラーメンでも塩ラーメンでもない。「柚子塩」という、全く新しいラーメンを世に送り出す心意気で開発したメニュー」と店主。ひと口啜れば、店主の発言にいささかの誇張もないことが実感できる。

麺や維新 塩ダレ・スープに加え、柚子の果汁を凝縮したタレを、丼を構成する主役のひとつとして抜擢。前代未聞の「タレのWスープ」によって、着丼の瞬間から柚子の芳香が宙を舞い、柚子由来の爽やかな酸味が一服の涼をもたらす、新次元の味を構築。麺や維新

メニュー名:「ワンタン柚子塩らぁ麺」

香り豊かな「比内地鶏」とうま味豊かな「名古屋コーチン」のガラを軸に、豚ゲンコツでコクを添え、ムロアジ・サンマ・昆布で和味を演出したスープが、昆布・まぐろ節を溶け込ませた塩ダレと融合し、とどめに柚子をまとう。

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。