体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現役専門学生が2ヶ月に1回も「モロッコ」へ行くその魅力 / 小倉茄菜

こんにちは、気づけばあと数ヶ月でTABIPPOインターン2年目に突入してしまいます。TABIPPOインターン兼デザイナーのななです。

FH000020

学校の出席日数、単位を数えては旅をする日々を送って早1年8ヶ月。それまでは日本から出たこともなく、飛行機にも高校の修学旅行でしか乗ったことがなかった私が、ずっといつか「できたらいいな」と半分叶わない夢と思っていた「旅」を思う存分しているのは、なんだか今思えば不思議です。

つまり「やりたいけど…」って躊躇してることって案外簡単に(何かを手に入れると何かを人は失うっていうけど)できるものかもしれないし、旅に必要なのって英語力じゃなくてきっと勇気と勢いだとTABIPPO1生意気21歳は思っています。そんな私は今年の6〜9月の間にアフリカ大陸の1番上、モロッコに2回も行ってきました。

FH030027

今回は私を夢中にして離してくれないモロッコの魅力を紹介したいと思います。

 

青い街と世界最大の砂漠のある国

FH020016 FH030019

よく聞かれる質問として「なぜモロッコに行こうと思ったの?」が上位に上がります。確かに世界一周のルートにモロッコを組む人は多くても、わざわざモロッコだけ行く人ってあまり聞かないかも。私がモロッコへ行こうと思った理由は簡単。

「ただ遠くへ。誰も知らない、何も知らない地へ行ってみたかったから。そしてもう1つ、いつか行ってみたいと思っていた地、サハラ砂漠と全体が青く染まる街シャフシャウエンがモロッコにあったから。」

FH040026

今年の春休みに東南アジアを一周してなんとなく、旅のコツを掴んだ私は、英語も伝わらなくて、ただ遠くにもっと感じたことのない刺激を求めて、日本が中心の世界地図から見て一番遠いモロッコを選んだわけです。まさか、こんなにもモロッコが愛おしく思える国になるとはあの時はこれっぽっちも思わなかった。

FH020019

そう、旅って毎回想像以上、予想外でしかなくて最高にわくわくするからやめられない。

 

宗教と共に流れる生活

FH030026

モロッコにいると毎朝5時過ぎのイスラム教のお祈りのアザーンが街中に大音量で流れ始める。それでいつも目を覚ましては「あ、モロッコにいたのか」と実感する。3日もすると今度は言葉も、街中で1日5回流れるアザーンも気にならなくなっていつの間にかモロッコ人みたいな生活を送る自分がいる。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会