体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『マイレージ、マイライフ』に学ぶ、リストラ宣告をチャンスに変える方法

映画『マイレージ、マイライフ』に学ぶ、リストラ宣告をチャンスに変える方法

Copyright (C) MMIX DW STUDIOS L.L.C. and COLD SPRING PICTURES. All Rights Reserved. TM, (R) & Copyright (C) 2012 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画は人生の教科書。日々の仕事や生活に活かしたい、たくさんの学びがつまっています。登場人物に共感し、感銘を受け、劇中のセリフやエピソードをふと思い出したりしながら、私たちはまた一段、深みのある人生を歩めるようになるのかもしれません。

さて、今回ご紹介する作品は、独身のナイスミドルを演じさせれば右に出るものはいないジョージ・クルーニー主演『マイレージ、マイライフ』(2009年)。飛行機のマイルとライフを天秤にかけた意味深な邦題(原題は”Up in the Air”)で、仕事や人生の岐路に立つ大人に向けた味わい深い映画です。

クルーニー扮する主人公のライアン・ビンガムは「バックパックに入らない荷物はいっさい背負わない」を哲学に、荷物ひとつで全米を飛びまわる身軽なビジネスマン。出張回数はゆうに年間322日に及び、空港で「おかえりなさい」と声をかけられるほど。そしてひそかな目標は、航空会社のマイルを1,000万マイル貯めること。

そんな彼に、ある危機が訪れるところから物語は始まります。

リストラ宣告人がリストラに?

時はリーマン・ショックの嵐が吹き荒れた2000年代後半。多くの企業が不況のあおりを受けて非情なリストラを断行する中、ライアン属する「リストラ代行会社」は企業に代わって従業員に解雇を告げる請負業務で大忙し。言わば、リストラ宣告人。今日も、明日も、明後日も、ひたすら人のクビを斬りつづける毎日です。

そんなある日、大学を首席で卒業した有能な新入社員ナタリーが入社してきます。彼女はライアン含む所属スタッフたちが全米各地を飛びまわる仕事の仕方を「非効率だ」とばっさり。代わりにオンライン・チャットのシステムを導入し、画面を通じて解雇を伝えるようにすればコストは通信費のみ、出張費は85%カットできると提言します。

費用対効果の高さからいって、ボスも導入に前向きの様子。しかしライアンは怒りのあまり異論を唱えます。

「わたしの仕事は人を絶望の淵に落とすこと。それでも相手を重んじてきた。ネット世代の小娘の提案に社運を託すのか」

もしもチャットが導入されればクライアント先への出張は不要になり、ライアンのような「時代遅れ」の人材はお払い箱になる可能性も。すなわちリストラ宣告人がリストラされるかもしれない大ピンチ。さて、どうする。

『マイレージ、マイライフ』イメージ画像2(劇中より抜粋)

Copyright (C) MMIX DW STUDIOS L.L.C. and COLD SPRING PICTURES. All Rights Reserved. TM, (R) & Copyright (C) 2012 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

リストラとはチャンスである

ナタリーの教育係として彼女を同行させることを条件に、ひとまずこれまで通り出張をつづけることを許されたライアン。「本当にこの仕事が分かってるのか?」と、彼女に問いかけます。

たしかに見ず知らずの人間にクビを言い渡されて感情をあらわにする人たちを、かんたんに説得できるほど甘くはない仕事。「チャットだけでは限界がある」という彼の考え方には大いに頷ける部分があります。

「我々の仕事は(リストラされる人たちの)苦痛を和らげる役目。淡い希望が見えるところまで、傷ついた魂を船で運んであげる。そしてそこで船を止め、(本人の力で)泳がせる」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会