ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハイブランドとストリートってこんなに相性がいい #Valentino

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

情報があふれるいまの時代。クリスマス商戦にのって、つい買い物するほど短絡的ではないと自負しています。

なのに、欲しくなってしまうって、よっぽど。それは、ぜんぶこの写真たちのせい。

ストリートが舞台になったヴァレンティノのバッグ

Valentinoさん(@maisonvalentino)が投稿した写真 – 2016 9月 24 2:52午前 PDT

Valentinoさん(@maisonvalentino)が投稿した写真 – 2016 9月 23 11:46午前 PDT

Valentinoさん(@maisonvalentino)が投稿した写真 – 2016 9月 23 5:37午前 PDT

Valentinoさん(@maisonvalentino)が投稿した写真 – 2016 9月 24 12:01午後 PDT

Valentinoさん(@maisonvalentino)が投稿した写真 – 2016 9月 24 8:11午前 PDT

Valentinoさん(@maisonvalentino)が投稿した写真 – 2016 9月 23 3:23午後 PDT

これらは、Instagramに投稿された、Valentino(ヴァレンティノ)のスタッズがついたチェーンバッグ「ROCKSTUD SPIKE(ロックスタッズ スパイク)」の画像たちです。

ハイブランドであるヴァレンティノの舞台は、ニューヨークのストリート。雑多な雰囲気のストリートに無造作に置かれたバッグたちは、いますぐ持って歩きたくなる気持ちにさせてくれます。

老若男女。ストリートはボーダーレス

ロックスタッズ スパイクのプロモーション動画も、Instagram同様に、ストリートそのものです。

「どんな世界になってほしい?」という質問に答えるニューヨーカーたち。平和や愛、ハピネスと人々は答えています。そう答える人たちの手には、ロックスタッズ スパイク。

さらに、「いちばん得意なダンスを見せて」という動画も。

思い思い自由にダンスをして見せる人たちの手には、やはりロックスタッズ スパイクがあります。

Instagramの画像も、動画も、どちらも舞台はストリート。そして、登場する人たちは性別も年齢も様々なひとたち。もちろん人種だって。

ストリートだからファッションだって、自由です。自分の着たい服を着た人たちとロックスタッズ スパイク。

思わず欲しいと思ってしまったのは、ハイブランドがストリートとこんなにも相性がいいと思わせてくれたから。

ニューヨークだけではなく、東京だってストリートでみんな生きています。

Valentino

写真/gettyimages 文/ダーシー

■ あわせて読みたい

どうしようもない怒り。どう付き合えばいい? #深層心理
渋谷で進化系フレンチトースト「コブラー」を。しあわせな気分が続く
レディー・ガガ、PTSDを告白。それでも乗り越えようとしている
クリスマスに予定がなくても平気。でも、結婚したい。
年末飲み会続き。理想の体をキープするには… #深層心理
東京で過ごすクリスマス。自分にも誰かにも気分アガるもの届けたい
スマホの中身はいまの自分。アラサーNY在住メイクアップアーティストの場合

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。