体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こってり濃厚なはずの横浜家系ラーメン店なのに「淡麗醤油ラーメン」がまさかのあっさり系で絶品だった

f:id:Meshi2_IB:20161107100936j:plain

濃厚なとんこつ醤油のスープにもっちりとした太麺が絡み、海苔、チャーシュー、ホウレン草がのったラーメンといえば、横浜を代表する「家系ラーメン」。

家系の総本山である「吉村家」を筆頭に、マイルド系やクリーミー系などいくつかの系統に派生してはいるものの、パンチの効いたこってり感と高い中毒性は共通しており、魅了されるラーメンマニアは後を絶たない。

そんな「こってり」がウリの家系ラーメン店でオーダーするものといえば、もちろん「とんこつ醤油ラーメン」。それ以外はメニューにないお店も多い。

だがしかし、である。

横浜を中心に多数存在する家系ラーメン店の中に、「あっさり醤油が絶品」として話題のお店があるという

家系なのにあっさり……?

一見邪道とも思える「あっさりラーメンを出す家系ラーメン店」とは、いったいどんなお店なのだろうか。

料理人の感性でアレンジされたマイルドな家系ラーメン

f:id:naruse_e:20161028162414j:plain

小田急江ノ島線「桜ヶ丘駅」から徒歩10分、藤沢街道沿いにある「日々進化する超進家系ラーメン 弘家」が噂のお店。赤を基調にした外観が、いかにも家系ラーメン店らしい。

f:id:naruse_e:20161028162452j:plain

店内は8席のカウンターに6人掛けのテーブル席が2つ。

あっさり系ラーメンも気になるところだが、まずはスタンダードな「ラーメン」(630円)を食してみることにした。やっぱりメインを味わわなきゃギャップを楽しめないもんね。

f:id:naruse_e:20161028162552j:plain

ほどなくして運ばれてきた家系ラーメンが、こちら。ゲンコツと背ガラを中心に鶏ガラや野菜と共にじっくりと煮込んだスープは、オープン当初からの注ぎ足しでコクと深みをプラス。ほどよく立つ醤油ダレとのバランスもよく、マイルドな口あたりが特徴的。スープに絡む中太ストレート麺は、コシの強さが評判の丸山製麺を使用している。

f:id:naruse_e:20161028162529j:plain

店主の秋山弘一さんは元和食の料理人。イタリアンなどもお手の物という腕を持ちながらも、「家系の味は家系に入らなければ出せない」と、老舗の家系ラーメン「六角家」の系列店でその味を学んだという。そうして忠実に再現した家系の味に料理人としての感性を注ぎ込み、個性がプラスされたオリジナルの一杯を生みだしたのだそう。

家系ラーメン店であることを忘れさせる「あっさり系醤油ラーメン」とは、いかに!?

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。