ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【六本木】見た目とウラハラに繊細な味わい!話題の博多炊き肉鍋は大迫力

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【六本木】見た目とウラハラに繊細な味わい!話題の博多炊き肉鍋は大迫力

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

最近話題急上昇中ではないかと思います、「博多炊き肉鍋」。友人が行ってきた! と写真を見せてくれた時、迫力ある鍋の姿に衝撃を受けました。しかもおいしいとのこと。それはそれは行ってみなければ、ということで予約して休日の夜行ってきました。「金蔦 六本木」というお店。駅近で立地が良いということもあり、店内は予約だけで満席。お店に入るととてもおしゃれで程よく会話しやすい。にぎやかすぎず、静かすぎない心地よい空間。様々なものを少しずつ味わえて肉鍋も楽しめる6,600円のコース料理を予約しました。コース構成は先付、八寸、向付、博多炊き肉鍋、食事(杵打ち麺)、甘味。炊き肉鍋は今回のコースだと牛と豚2種類を味わえます。

見た目とウラハラの繊細な味わい。六本木「金蔦」で迫力ある博多炊き肉鍋
八寸からは秋を感じる盛り付けと食材。向付の南瓜のすり流しエスプーマ仕立ては見えませんが中に牛肉が入っています。

見た目とウラハラの繊細な味わい。六本木「金蔦」で迫力ある博多炊き肉鍋
牛肉のやわらかいこと! 南瓜に負けない牛のうまみがたまらない一品でした。お待ちかねな博多炊き肉鍋。事前に写真を見ていたとはいえ、実物が来た時は「おぉぉぉぉぉ~」と声がもれ、目は釘づけ。

見た目とウラハラの繊細な味わい。六本木「金蔦」で迫力ある博多炊き肉鍋
迫力あるなぁ。真ん中にスープがあり、そのまわりを囲むようにキャベツとネギそしてその上にお肉がのっています。食べ方としては、真ん中のスープに少しずつ落とし込みます。

見た目とウラハラの繊細な味わい。六本木「金蔦」で迫力ある博多炊き肉鍋
豚肉はしっかりと火を通し、牛肉はしゃぶしゃぶ程度に軽く火が通ったらつけだれで味わいます。つけだれは2種類。

見た目とウラハラの繊細な味わい。六本木「金蔦」で迫力ある博多炊き肉鍋
牛テール塩だれと、トマトワインビネガーを使った冷製だれ。これに加え辛い梅味噌を加えながら味の変化を楽しむ。お肉をたくさん食べているような気分になりますが、実は野菜がとっても多い! 考え方によってはヘルシーな鍋なのかもしれません。それにしてもお肉、おいしかったなぁ。牛肉は九州産の黒毛和牛の三角。豚肉は鹿児島黒豚。続いて〆の麺。

見た目とウラハラの繊細な味わい。六本木「金蔦」で迫力ある博多炊き肉鍋
肉のうまみがしっかりと出たスープに杵打ち麺を入れ、軽く煮込む。これがおいしくないわけないですよね。おなかがいっぱいでも、ちゅるちゅると無心で麺をすする私。体がぽかぽか温まるので、これからの季節とくに良さそう。

見た目とウラハラの繊細な味わい。六本木「金蔦」で迫力ある博多炊き肉鍋
デザートはウーロン茶のエスプーマ。甘さ控えめの後味すっきりとした和のデザート。

見た目とウラハラの繊細な味わい。六本木「金蔦」で迫力ある博多炊き肉鍋
この日に飲んだお酒はスパークリングワインと芋焼酎のロック。大好きな紫芋の焼酎(西酒造の綾紫)がありました! お酒の品ぞろえはバラエティに富んでいるので様々なニーズに合いそうです。日本酒の銘柄を見てもこだわりが伝わってたお店。素敵な空間で見た目にも楽しい炊き肉鍋を味わえるとあって外国の方や接待利用でも人気の様子。

[寄稿者:まちむすめ]
■あわせて読みたい
鍋でやられるとイヤなことワースト5&みんなの食べたい鍋ランキング2016
http://tabizine.jp/2016/11/30/106487/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。