体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

《受験生必見》脳と体に嬉しい“チョコレート効果”を医師が徹底解説

《受験生必見》脳と体に嬉しい“チョコレート効果”を医師が徹底解説
受験生のみなさんにとって12月は追い込みの時期ですね。年末は何かとイベントも多いので、いかに勉強に集中できるかが重要になってきます。

そこで、勉強の合間の間食にオススメするのが「チョコレート」です。

今回は、これから受験シーズンを迎える受験性のみなさんに、本番を乗り切る為のチョコレート活用法や脳との関連性などを医師の建部先生に解説していただきました。

チョコレートに含まれる有効成分

《受験生必見》脳と体に嬉しい“チョコレート効果”を医師が徹底解説
■ カカオポリフェノール(エピカテキンとフラバノールで主に構成)
■ カルシウム
■ マグネシウム
■ 鉄
■ 亜鉛
■ 食物繊維(リグニン)
■ テオブロミン
■ カフェイン
■ ブドウ糖

一般的に売られているチョコレートではなく、健康面でおススメなのは現時点で医学的に効果があると証明されている、いわゆるカカオ含有量が高いダークチョコレートとなります。

チョコレートが与える脳への効果

《受験生必見》脳と体に嬉しい“チョコレート効果”を医師が徹底解説

カカオポリフェノールの効果

カカオポリフェノールを多く含むチョコレート(いわゆる高カカオチョコレート)を一定期間継続的に摂取すると、脳血流量ならびに血液中の脳由来神経栄養因子が上昇すると言われています。

脳由来神経栄養因子(BDNF)の効果

脳由来神経栄養因子(BDNF)は脳-中枢神経系や一部の末梢神経系において、神経細胞同士のネットワークの維持・再生と新しいネットワーク構築を促す働きがあるたんぱく質の一種です。

大脳においては学習、記憶、高度な思考に必須の領域である海馬、大脳皮質、大脳基底核で含有・活性化されていて、脳由来神経栄養因子(BDNF)は長期記憶に極めて重要な物質であることも確かめられています。

また加齢により低下してゆくことや、アルツハイマー病の方では脳由来神経栄養因子(BDNF)は低下していることも明らかにされています。

チョコレートが与える精神面への効果

《受験生必見》脳と体に嬉しい“チョコレート効果”を医師が徹底解説

ストレス反応の緩和

動物実験においてカカオポリフェノールに、ストレスがかかると分泌されるストレスホルモン(糖質コルチコイドの一つであるコルチコステロン)の分泌を抑制する作用が認められています。

つまり、ストレスを感じる場面に遭遇しても、ストレス反応が抑制されることに加え、すでにストレスを感じている場合でも、カカオポリフェノールを与えることによって、ストレス反応が緩和されることも判明しています。

このことから、ストレスにさらされている受験生においては、過剰なストレスによる全身状態の変化を緩和してくれる可能性があります。

ドーパミン分泌による精神安定やリラックス効果

一般的なチョコレートを摂取する場合、そこに含まれる適度なブドウ糖をはじめとする糖質を摂取すると脳のA10神経系というところが刺激されます。

するとドーパミンという脳内物質が分泌され、強い快感をもたらし、一定の精神安定効果・リラックス効果が認められます。

ストレスにより精神的に不安定になりがちな受験生にとっては有益な効果が期待できます。

チョコレートが与える肉体面への効果

《受験生必見》脳と体に嬉しい“チョコレート効果”を医師が徹底解説
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会