体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うまきそばと酒、そして酒肴に酔う路地のカウンター店「そば 酒 まつもと」【京都】

f:id:mesitsu_la:20161124104324j:plain

おこづかいでそばを手繰っていた小学生!?

こんにちは、メシ通レポーターの泡です。

みなさま、おそば屋さんで飲むのはお好きですか。私は大好きです。

今を遡ること20ン年。うら若き大学生だった頃、初めて年上の友人にソレを教えてもらった時は衝撃的でしたね〜。

「えっ、昼間からお酒飲んでいいの?」

「おそば屋さんでそば以外に料理があるんだ!」

「なにこれ美味しい……。そして楽しいぃぃぃぃ!」

そんなウブな女子大生も、今ではそば味噌なめなめひや酒をすする四十路婆に……。

それはさておき。

粋な酒飲みでいらした作家の故・池波正太郎先生も「のまぬくらいなら、蕎麦やへははいらぬ」(エッセイ『散歩のとき何か食べたくなって』より)とおっしゃっているように、飲兵衛にとっておそば屋さんとお酒は切り離せないもの。

そばを食べる前に肴をつまみつつ1、2杯やることを“蕎麦前”というのですが、主に関東でおなじみだったこの酒文化が近年は関西でも浸透しつつあります。

今回ご紹介する「そば 酒 まつもと」のご店主も、学生時代から“蕎麦前”にハマっていたのだそう。詳しくお聞きする前にまずはお店の場所をご案内しますね。

f:id:mesitsu_la:20161124104314j:plain

阪急京都線河原町駅⑤出口を地上に出て、目の前の横断歩道を渡ります。

f:id:mesitsu_la:20161124104315j:plain

宝くじ売り場の左側にある路地を北へ進んでください。

f:id:mesitsu_la:20161124104316j:plain

奥に見えるコンビニが目印。

f:id:mesitsu_la:20161124104317j:plain

角を曲がると、これまた京都が誇るいぶし銀酒場「たつみ」が見えてきます。こちらもいつかご紹介したいなぁ。

f:id:mesitsu_la:20161124104318j:plain

「たつみ」を右手に見つつ西へ進むと、大きな柳の木が見えてきます。この路地を奥へとどうぞ〜。ちなみにこの路地は「柳小路」という名がついています。風流!

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。