ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

橘高文彦、デビュー30周年記念SPイベントにヴォーカリスト4人が集結

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
橘高文彦、デビュー30周年記念SPイベントにヴォーカリスト4人が集結

橘高文彦が、デビュー30周年記念として自らが関わってきた4バンド(AROUGE、Fumihiko Kitsutaka’s Euphoria、X.Y.Z.→A、筋肉少女帯)それぞれのライブを収録したBlu-ray全4タイトルを今夏にリリース、その発売記念のスペシャルイベントが12月10日にGibson Brands Showroom TOKYOで開催された。

会場には、Blu-ray全4タイトルを購入したユーザーの中から応募抽選で選ばれたファン約50名が全国から集結。Fumihiko Kitsutaka’s Euphoria「Distress」のBGMと共に橘高文彦が登場し、会場は盛大な拍手に包まれた。

続いて、橘高のコールにより元AROUGEのヴォーカリストでソロ、ガレージシャンソンショーの活動でも有名な山田晃士が呼び込まれた。AROUGE時代の裏話などで会場を沸かせた後、橘高がアコースティック・ギターを構えると20周年記念アルバム「NEVER ENDING STORY」収録の「指」を披露。山田のパワフルなヴォーカルが響き渡った。

次に登場したのはFumihiko Kitsutaka’s Euphoriaのヴォーカリスト・tezya。アルバム制作時の懐かしい話から今後のニューアルバムの可能性にまで言及し、会場のファンを喜ばせた。「Euphoria」収録のキャッチーな「僕の女神」を演奏、低域が魅力のtezyaの歌声に皆が聴き入っていた。

X.Y.Z.→Aのヴォーカリスト・二井原実の登場で会場はさらにヒートアップ。橘高との絶妙な関西弁トークはラウドネスの話題も挟みながらまるでお笑いのステージの様な面白さで会場は爆笑の渦に包まれた。X.Y.Z.→Aの1stシングル「Don’t let the sun go down」で超絶ハイトーンを存分に聴かせた二井原に会場は惜しみない拍手を送った。

最後に登場したのが筋肉少女帯の大槻ケンヂ。橘高との息の合ったトークで大いに盛り上げた。盟友、内田雄一郎の話題やおいちゃんこと本城聡章のモノマネ、空手バカボン、「ボヨヨンロック」のネタまで飛び出し会場は常に笑いの連続。TVアニメ「うしおととら」のオープニングテーマ「週替わりの奇跡の神話」を披露しきっちりと締めた。

そして、橘高の呼びかけで山田晃士、tezya、二井原実、大槻ケンヂが全員ステージに再集結。なんと橘高のベスト盤「DREAM CASTLE」のラストに本日の出演者全員が共演し収録されている「夢のあとさき」をアンコールで演奏。

橘高の力強いアコースティック・ギターのストロークに4人のヴォーカリストと橘高の個性溢れる歌声がパートごとに入れ替わり、サビは全員で豪快に歌い上げる。橘高の貴重な楽曲を生で体験出来た会場のファンは誰もが感動に包まれたように拍手を送り続けていた。

4人のヴォーカリストが退場すると、“DREAM CASTLE”城主である橘高が会場のファン全員と握手でお見送り、ファンにとっては一生忘れられない記念すべき思い出のイベントになった。

Photo by コザイリサ
協力:Gibson Brands Showroom TOKYO

関連リンク

橘高文彦オフィシャルサイトhttp://www.kitsutaka.net/
筋肉少女帯オフィシャルサイトhttp://king-show.eplus2.jp/
徳間ジャパンコミュニケーションズ アーティストページhttp://www.tkma.co.jp/j_pop/King-Show/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。