ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【びっくり!】風船だけで実物大のティラノサウルスを作った男性

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【びっくり!】風船だけで実物大のティラノサウルスを作った男性

空気の入れ方や、ひねり方でさまざまな造形を作ることができるバルーンアート。特に長い形のペンシルバルーンで動物などを作るテクニックは有名だが、そんなバルーンアートを駆使して、とてつもなく大きな恐竜を作った達人が存在する。

https://youtu.be/ze1tCqsTsYE

バルーンアーティストのマーク・ヴァージさん。彼が作り出すバルーンアートは、お祭りなどで見かけるプードルとはスケールが違う「アート」という表現が相応しいものばかり。

泉のように湧き出るアイディアからさまざまな動物だけでなく、巨大な樹などのバルーン彫刻といえるものも作り出すことができ、今回挑戦したのはティラノサウルス・レックスの骨格標本、しかも実物大。

1400個のバルーンを組み合わせて高さ3メートル、横幅13メートルを越えるTレックスを骨一本から風船で作り上げる。今までも巨大なアートを作ってきたがこれはマークさんが作った最大のバルーンアートだという。

部分的にみると腸の塊のようでグロテスクだが、歯や小さな骨まで細部を観察しかなり忠実に再現している。
ちなみに、数百時間という時間をかけて作ったティラノサウルスのバルーン彫刻だが、数日のうちにしぼんでしまったという。このような儚さもまたバルーンアートの魅力なのかもしれない。

関連記事リンク(外部サイト)

井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
BRAHMANのTOSHI
「今」のヒップホップ代表は誰だ?「ガチで日本一のMC」を決めるラップ・バトルが開催!
LINEアイコンを自分の顔写真にしてもモテない?男心をくすぐる「男盛アイコン」とは
御年70歳!WWE「悪のオーナー」ことビンス・マクマホンが審判としてリングに降臨!相変わらずのガチムキっぷりにファン歓喜

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。