ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コンビニWi-Fiの“飛び”はどこが1番かを検証

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
コンビニWi-Fiの“飛び”はどこが1番かを検証

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの3社が導入している無料のコンビニWi-Fi。各コンビニチェーンによるWi-Fiのサービスに差はあるのか、検証してみました。チェックするのは、サイトをスムーズに閲覧するための「通信速度」と、どこまで電波を拾えるかの「電波強度」です。

コンビニWi-Fiを3店舗ずつ計測

コンビニWi-Fiの通信速度は、回線スピードを簡単に計測できるアプリ「回線速度チェッカー」で計測。立地や環境によるバラつきもあるため、今回は3チェーン3店舗ずつ巡り計測しました。また電波強度は、店から遠ざかりながら、どこまで接続できるかで計測。平均値を出しました。

回線速度チェッカーは、4G/LTE/Wi-Fiの上りと下りの速度、応答速度を計測して表示するアプリ。3Mbps以上であれば、ストレスのない通信が可能とされます。検証では公平性を保つために、店内に置いてある業務用Wi-Fiルータを見つけて、そこから約3m離れた場所で計測しました。

セブンイレブンのWi-Fiのダウンロード平均値は「1.84Mbps」、アップロード平均値は「1.29Mbps」、接続距離は「最大30m」でした。「NTTBP」との提携によるフレッツ光回線を利用ながら、速度はADSL並み。約30m離れると、7SPOTの表示が消滅しました。

コンビニWi-Fiはローソンが圧勝

ローソンのWi-Fiはダウンロード平均値は「4.79Mbps」、アップロード平均値は「3.56Mbps」、接続距離は「最大25m」という結果。上り下り共に3Mbps以上で、無料ならば十分なレベルです。しかし、20mほど離れると急激に通信レベルが低下しました。

ファミリーマートのWi-Fiはダウンロード平均値が「0.84Mbps」、アップロード平均値が「1.43Mbps」、接続距離は「最大50m」でした。上り下り共に平均1.5Mbps以下と今回ダントツで低い結果。ただし、50mほど離れてもつながり、電波強度は強いようです。

今回のコンビニWi-Fi調査では、他社の倍近い数値だったローソンの「LAWSON FreeWi-Fi」の圧勝。通信速度だけでなく、他社に比べて利用回数が5回と多いことなども考慮し、名実ともにNo.1に認定しました。(文/加藤カジカ)

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。