体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【絶対喜ばれる!長野の人気お土産19選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

【絶対喜ばれる!長野の人気お土産19選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました 七味(七味唐辛子)

ご当地のオイシイものは、やっぱり地元の人が知っている!

あなたの旅のお土産選びをもっとスムーズにするべく、『じゃらん編集部』が地元民の声を集めた「美味しいお土産ベスト10」を発表☆

ランキングの他にも、定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!

職場や彼氏やお友達、そして自分へのお土産探しに活用してみて♪

ご紹介するのは、松本城や善光寺など歴史を感じさせるスポットも数多くあり、温泉も豊富な長野県。

ランキングには蕎麦に欠かせない香辛料、漬物、長く愛されている定番菓子に特産の栗を使ったスイーツなどバラエティ豊かなラインナップが揃いました。

【1位】七味(七味唐辛子)

七味(七味唐辛子)

善光寺の門前で売られている七味唐辛子。江戸中期の1736年に八幡屋礒五郎の初代が善光寺境内で売り出したのが最初と言われている。「七味」の内訳は商品によって様々あるが、七味唐辛子には信州ならではの生姜が入り、辛味と香りの調和がとれた味わい。「長野県民にとって七味と言ったらこれしかない」「香りが段違い」など、ダントツの支持を得て1位となった。信州グルメの蕎麦にもよく合う。 価格:370円(14g)

販売元:八幡屋礒五郎

【2位】おやき

おやき

小麦粉や蕎麦粉を水で練って薄くのばした皮で、小豆や野菜などの具を包んで焼いた長野県のソウルフード。「味が選べる」「おやつにもご飯がわりにもいい」などのクチコミにもあるように、信州ならではの野沢菜やきのこを使ったもの、甘い餡を包んだものなど辛いものから甘いものまで様々な具があり、調理法も焼くだけでなく蒸すものなどバリエーションが豊富。お気に入りを見つける楽しみもある。 価格:定番おやきセット1,680円(8個)

販売元:いろは堂

【3位】野沢菜漬け

野沢菜漬け 野沢菜漬け

野沢温泉発祥の野沢菜の漬物。江戸時代中期の1756年、野沢温泉村の健命寺の八代住職が京都に遊学の際に持ち帰った天王寺蕪の種子が、野沢温泉の風土や気候に合った葉の大きな「野沢菜」になったといわれている。「長野県は漬物が色々とあるが野沢菜が一番」「食事の箸休めやお茶請けに楽しめる」など、食卓で愛されているのがわかるコメントが寄せられた。 価格:無添加野沢菜漬け(昔ながらのうんまい菜っぱ 2,400円)(300g×5)

販売元:とみき漬物

【4位】栗鹿ノ子

栗鹿ノ子
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。