体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手帳やスマホのメモより便利で効果大!「ふせんノート」活用のススメ

2016年もあとわずか。皆さん、来年の「手帳」はもう用意しましたか?

使い慣れたタイプの手帳と決めている方もいれば、もっと使いやすい手帳を探し求めている方もいらっしゃると思います。あるいは、手帳を使わずスマホですべて管理しようと考えている方もいるのでは。

しかし、手帳もスマホも不要。「ふせん」と「ノート」を使いこなすことで、仕事もスケジュール管理もみるみるはかどるようになる……と提唱するのが、「お金のソムリエ」として講演や執筆活動を行う坂下仁氏です。

ふせんといえば、「色がついた紙片」。一般的には、「大切な箇所を見つけやすくするための目印」あるいは「補足のメモ書き」として使われることが多いですよね。

しかし、坂下氏が勧めるのは、ふせんそのものを「ノート」「手帳」として使う方法。あらゆるメモをすべてふせんに書いて、メモが書かれたふせんをA4判ノートに貼り付ける、というものです。

つまり、ノートはメモをとるものではなく、ふせんの「台紙」として使うのです。

この使い方のメリットとやり方を、坂下氏に教えていただきました。

f:id:tany_tanimoto:20161209153018j:plain

メモが有効に働くための仕組みを意識する

そもそも、手帳はスケジュール管理以外では「メモ」をとるために持つもの。

そこで、まず「メモ」が効果的に働くためのポイントを見つめ直してみましょう。大切なのは次の3つ。

1)即メモ……気付きやひらめき、大切な情報を、一瞬で簡単にメモできる

大切な用事もふとひらめいたアイデアも、すぐにメモしないと忘れてしまいます。いつでもどこでも思いついたときに即メモできなければなりません。

2)一発検索……メモしたことを、後から一発で簡単に探し出せる

大切なメモがどこに書いてあるか分からなくなったり、メモ自体がなくなったりしては意味がありません。そこで、メモを1ヵ所に集める「ワンポケット」と、その中身をすぐに見分けられる「一覧性」が大切。

3)有効活用……メモを自由自在に有効活用できる

目的や好みに応じて、メモを「カスタマイズ」できれば、メモをより活かせます。

――手帳やスマホでは、なかなかこの3つすべては満たせません。

手帳の場合、たくさん書こうとすると、ダイアリーとは別に用意する必要があり、冊数が増えていくと「大切な情報だけ持ち歩く」ことがしづらくなります。「あのメモ、どこに書いただろう」というのも起こりがち。

一方、スマホはメモアプリなどの起動に時間がかかり、入力よりもやはり手書きの方が早い。メモを読み返すにも、ファイルの仕訳管理がちゃんとできていないと、探し出すのに苦労することもあるでしょう。

メモはすべてふせんに書き、ノートに貼って管理する

では、「ふせんノート」の使い方の一例をご紹介しましょう。もちろん、自分がやりやすいようにカスタマイズして構いません。

●持ち歩くのは、大きめのふせんだけ

たくさん書けるように、大きめのふせんを用意します。75㎜×75㎜、75㎜×40㎜、60㎜×60mmなどのサイズで、粘着面が広いものが使いやすいでしょう。外出時、ノートや手帳は持たず、ふせんのみを持ち歩きます。

スマホカバーの内側にまとめて貼っておくのもおススメです。メモはふせん、スケジュールはスマホで一緒に管理できるからです。

f:id:tany_tanimoto:20161209153321j:plain

↑メモしやすいように、右開きのふせん台紙付きiPhoneカバーをASH X KYOTOと共同開発したそうです

思いついたときにすぐメモをとれるよう、仕事用のデスクや自宅のリビング、寝室などにもふせんを備えておきます。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会